『重版出来!』視聴率はイマイチでも名作!注目の出演者【イチオシ5人】
 TBS系列で火曜22時から放送中のドラマ『重版出来!』。10日放送の第5話の平均視聴率は7.3%(ビデオリサーチ、関東地区)とイマイチですが、ところがどっこい、おもしろい上にプロからの評価も高いんです。

 まず、ストーリー。大手出版社のコミック誌編集部に配属された新人編集者が、クセの強い編集部の面々や漫画家らと格闘しつつ成長していく、“お仕事ヒューマンドラマ”なのですが、観るたびに仕事の苦楽を再認識させられ、「明日からも仕事頑張ろう!」とパワーをもらえる作品です。

 そして何より、登場する俳優たちが超豪華! 黒木華、オダギリジョー、坂口健太郎、松重豊、生瀬勝久、安田顕、遠藤賢一、ムロツヨシ……、あ〜もう挙げだしたらキリがない!

 しかし、出演者は彼ら知名度の高い俳優に留まりません。「どこかで見たことある」「なんかこの名前聞いたことある」という、これから期待の俳優もバンバン出ているんです。

◆『あさが来た』の三味線師匠・野々すみ花

 オダギリジョーとなんだかイイ関係っぽい小料理屋の女将を演じるのが、野々すみ花。朝ドラ『あさが来た』で、玉木宏演じる白岡新次郎の三味線の師匠役を務めた人物です。この方、元宝塚のトップ娘役。どうりで立ち居振る舞いが上品でキレイなわけです。

⇒【Twitter】 https://twitter.com/koguma_tbs/status/726355391542489088
◆福士蒼汰似と騒然の中川大志

 名前を聞いてピンとこなくても、「シーブリーズ」や「ソフトバンク」のCMに出ている、“福士蒼汰似のイケメン”といえばわかる人もいるのではないでしょうか。

 日テレ系ドラマ『家政婦のミタ』では一家の長男役、大河ドラマ『平清盛』では清盛の少年期を演じるなど、09年のデビュー以降、着々とキャリアを積んでいるよう。『重版出来!』では、編集部に自ら漫画を持ち込みデビューを勝ち取った新人漫画家役を演じています。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=514998

◆第二の堀北真希!? 高月彩良

 第4話から登場し、漫画家を目指す大学生役を演じるのは、高月彩良(たかつきさら)。きりっとした目元の美しい顔に見惚れていたら、堀北真希、黒木メイサらが在籍する事務所の後輩でした。

 まだまだ18歳ですが、映画『思い出のマーニー』では主人公の声を務めた他、フジ系ドラマ『GTO』などにも出演。堀北真希の芸能界引退がまことしやかにささやかれる中、新たな看板女優としてこれから活躍しそうです。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=514992

◆映画『桐島、部活辞めるってよ』の前野朋哉

 第2話のキーパーソンとして登場した漫画家が、前野朋哉。映画『桐島、部活やめるってよ』や朝ドラ『マッサン』、月9『恋仲』など数々の映画やドラマに出演しています。

「蛭子能収そっくり!」と話題なだけあり、地味ながらも独特の存在感を放っていて記憶に残るんですよね。実は映画監督としても活動していて、キャリアは豊富。今年9月公開予定の『エミアビのはじまりとはじまり』という映画では主役を務めます。ちなみに共演者は黒木華。

⇒【Twitter】 https://twitter.com/Chavez_news/status/722435915394605056
◆ブレイクの予感…平埜生成

 第5話で重要な役どころを演じたのが、平埜生成(ひらのきなり)。目鼻立ちが整った、ザ・男前です。でも、ただのイケメンにあらず。

 第5話は、高田純次演じる出版社社長が昭和の極貧生活で苦労して編集者になるまでのエピソードが披露されたのですが、平埜生成は一度は荒れ果てながらも更生していく15歳から27歳までの青年時代を演じました。涙ながらの「雨ニモマケズ」の朗読は、しびれるものが……!

 大手事務所・アミューズの「劇団プレステージ」に所属する舞台俳優として主に活動していますが、昨年はフジ系ドラマ『オトナ女子』に出演。これからテレビ露出が増えそうな予感です。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=514991

 ということで、とにかく惜しげもなく豪華な俳優を使っているドラマ『重版出来!』。第6話以降も新たなキャスト発表が楽しみ。さらに、人気漫画家・いくえみ綾の描き下ろし作品が劇中に登場することも発表されています。いやいや、どこまでも贅沢なドラマです。

<TEXT/林らいみ>