子どもの活躍が台無し?運動会でのママ友ドン引き行動

写真拡大

この時期、盛り上がる学校行事といえば、運動会ですよね。運動会は園ママ時代とは違い、子どもの成長を間近で見られる、数少ない機会です。「いつの間に、こんなにできるようになってたの?」と感動する場面が多々ある一方で、ママ友たちの行動にガッカリ…なんてことも。運動会で嫌われがちな、ママ友たちの言動についてまとめます。

●ママ友のオシャレにドン引き…

待ちに待った運動会。それは子どもだけではなく、パパやママも同じかもしれませんね。しかし、あまり気合を入れ過ぎるのは、NGです。

学校中の保護者が集まる運動会では、数えきれないほどの人たちに出会います。だからといって、ハイヒールやスカートでオシャレに決めていると、ママ友たちからはドン引きされてしまうかも?

卒業式や授業参観とは違い、あくまで運動会であることをお忘れなく! ママたちは、競技を見ているだけでなく、親子競技に参加したり、テント設営などのお手伝いをしたり。意外にやることは多いはず。動きやすく、かつ、ラフすぎない格好が◎。

●飲み会と勘違いするママ友が多数?

ママ友たちとその家族同士で一緒に集まって、参加するという人も少なくないのでは? 年に一度の運動会。さらに天気がいいとなれば、まるでお祭りのようにテンションがあがってしまうこともありますよね。しかし、気持ちはわかりますが、あくまでも学校行事の一環なのです。

子どもの活躍には目もくれず、まるで飲み会でもしているかのように、缶ビール片手に盛り上がっているママは、ほかのママ友たちから冷たい視線を浴びてしまうことも…。

最近では、アルコールを禁止する学校もあるようですが、こっそり飲んでいるというママは、意外に多いのだとか。

●ママ友とのおしゃべりが優先?

知らない子どもたちが一生懸命やっている競技も、見ていると意外に面白いものですよね。さて、自分の子どもの出番ではないとき、あなたはどうしていますか? 

そんなとき、近くにいるママ友とおしゃべりに夢中になっていると、「何をしに来たの?」と思われてしまうことも。自分では意識していなくても、「わざわざ運動会でやらなくても…」と引いてしまうママは、少なくありません。

また、ベラベラおしゃべりしながら、自分の子どもの出番のときだけ、前に割り込んでビデオ撮影。ついついやってしまいがちな行動かもしれませんね。しかしその行動が原因で、ママ友たちに嫌われてしまうこともあるそうなので、要注意。

なかには、普段あまり行事に参加できないパパや祖父母もいます。真剣に見ている人たちの、邪魔や迷惑になるような行動は絶対NG。運動会の主役は、当然子どもたちですが、ママの振る舞い次第で、せっかくの子どもたちの頑張りが、台無しになってしまうかもしれませんよ。

(文・明日陽樹/考務店)