私たちの体は東洋医学で「経絡」と呼ばれる経路において、各部位すべてがつながっていると考えられています。そのためある部位に支障がでてくると、その問題が違う部位にも症状としてあらわれてきます。
なかでも顔の表面に吹き出物として出てくる症状は、内臓の健康をあらわしているとされています。

額の吹き出物

額の吹き出物には二種類あります。上の方にできた吹き出物は膀胱。下の方にできた吹き出物はストレスによるものです。食生活の乱れやアルコールのとりすぎは、膀胱に影響が出てきます。
また、かゆみが出てくると肝臓も疲れている証拠です。睡眠不足やストレスを抱えると、下の方にもブツブツと吹き出物が出てきてしまいます。食生活を改めて、睡眠や栄養をしっかりとることを心がけましょう。

眉間の吹き出物

眉間に吹き出物が出てきたら、肝臓が疲労している証拠です。体内に毒素がたまっていると肝臓はデトックスをするのに忙しく、疲れがたまりやすくなります。コンビニ食やアルコールのとりすぎは体内に毒が増えて肝臓を疲労させるので、消化の悪い食事をとりすぎないように注意しましょう。

眉先の吹き出物

眉毛の先に吹き出物ができることってありませんか? この部分は腎臓とつながっています。眉先に症状がでるのは、体内の水分が不足しているサインです。
水分が足りていないと腎臓に影響を与えてしまいます。アルコールの摂取や塩分不足、普段から水分摂取量が少ないと体は脱水状態です。しかし水分をとろうとして、カフェインの多いものや甘い飲み物をとると、よけいに脱水状態を助長させてしまうので、飲み物は水やカフェインフリーのお茶類にしましょう。

鼻の吹き出物

鼻は心臓とつながっている場所です。空気の悪い場所で過ごしている人や高血圧の人は、心臓に負担をかけてしまいます。仕事場や住居スペースの空調が悪い場合は、体内の毒を排出するためにも運動をして汗をかいたり、抗菌作用のある緑茶を飲むのがおすすめです。高血圧の人は、食事やアルコールに気をつけて過ごしましょう。

頬の吹き出物

思春期に多いのが頬のニキビですが、大人になっても出てくる吹き出物は肺や腎臓に影響が出てきている証拠です。タバコ、汚染された環境は肺を汚し、呼吸も浅くなります。ストレスの原因にもなるので生活環境には気をつける必要があります。
新鮮な空気を吸うために木々の多い場所に出かけたり、緑黄色野菜を食べるのも効果的です。また、ストレスや老化が進むと腎臓への影響がより深刻になっていきます。腎臓は水分やミネラルが必要なので、良質な水や塩分補給をしましょう。

口や顎の吹き出物

口のまわりや顎に吹き出物ができるのは、甘い物や脂っぽい物を食べすぎて胃が荒れている証拠です。また、アルコールやカフェインのとりすぎで胃にダメージを与えることも影響しています。口元に吹き出物ができてしまったら、胃に刺激のあるものを食べないように心がけましょう。胃を休めたり、温かい飲み物を飲むことで癒やされていきます。