自動運転技術を応用し、車外からの遠隔操作で駐車可能

写真拡大

ドイツの自動車大手「BMW」は、フラグシップモデルである「BMW 7」シリーズに、運転席に座らず車外から遠隔操作できる機能をオプション設定し全国の正規ディーラーで発売したとビー・エム・ダブリューが2016年5月16日に発表した。希望小売オプション価格(税込み)は7万4000円。

高度自動運転技術を応用、自動操舵に続く第2弾

量産車初の革新機能「リモート・パーキング」。車外から遠隔操作で駐車することができる。乗り降りが難しい狭いスペースに駐車する際など、ドライバーは駐車スペースの前方中央にクルマを停めて、車外からBMWディスプレイ・キーを操作して駐車位置に移動させられる。駐車完了後のエンジン停止も同キーで操作する。

駐車スペースからクルマを出す場合にも、同キーでエンジンをかけ自動的にクルマをバックさせることにより出庫できる。

リモート・パーキング作動時は、フロントおよびリヤ・バンパーに装着されたPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)のセンサーが常に作動しており、障害物や歩行者の不意な飛び込みを検知するとクルマを自動的に停止する。

リモート・パーキングは、BMWグループが2000年より開発を進めている高度自動運転技術を応用。システムが車線と前方車両を検知して、車線中央の走行を維持するようステアリングの自動操舵を行う「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」に続く、将来の自動運転技術応用の第2弾。

BMW7シリーズは、1977年に登場。以来、約40年に渡って常に最も革新的なラグジュアリー・セダンとして君臨し続けたBMWのフラッグシップ・モデル。現モデルは2015年10月に販売開始した第6世代。今回発表の「リモート・パーキング」のほかにも、量産車初の革新的機能が数多く採用しており「ワールド・ラグジュアリー・カー・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞した。