男性必見! 結婚したら女が変わるところ⇒「●●が減った」

写真拡大

自分の金銭感覚についてどう思っていますか? ムダ使いしがちだとか、倹約するほうだとか、人によりさまざまでしょう。その傾向は結婚後も変わらないものなのでしょうか? そこで、既婚女性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q.結婚してから独身時代と比べて金銭感覚は変わりましたか?

はい……72.7%

いいえ……27.25%

約7割の既婚女性が、「結婚してから独身時代と比べて金銭感覚が変わった」と回答。それぞれの回答の理由を見ていきましょう。

■金銭感覚が変わった女性の意見

●実家から出たので……

・「結婚前は社会人・実家暮らしだったので飲みにも頻繁に行っていた。今は外でランチするのもなるべく控え、マイホーム資金を貯めている」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「独身時代は実家暮らしだったので、毎日の買い物のレシートを見ることは多くなかったが、今は毎日見ている」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

社会人として働くときは、実家から通勤することも多いですよね。ですが結婚を機に別所帯を持つと、食費や光熱費など、実家にいるときには気にしなかったことにも気づくようになるようです。

●子どもを意識!

・「結婚して子どもが生まれるまでは、働いていたので自分で使えるお金もあって、趣味などに好きに使っていたが、子どもができて働かなくなってから、ちょっとのお金も出し惜しみするようになった。特に自分に対してかけるお金が減った」(32歳/その他/その他)

・「かなり倹約するようになりました。子どもへ必要なお金や老後へのお金など家族の将来のことについて考え、それについてお金を使うようになったので、自分の好きなものなどを買う機会は減ってしまいました」(31歳/情報・IT/営業職)

子どもが生まれると、女性は仕事を辞めたり休んだりする必要が出てきます。仕事ができない間は収入が減りますから、ある分のお金を大事に使うようにしたいですよね。それに、これからかかってくる教育費も意識するようになりますね。

■金銭感覚は変わらなかった女性の意見

●好きに使えるお金は変わらない

・「財布は別々に管理しているので変わりない」(27歳/電機/その他)

・「特に変化はない。財布は自分が握ってるから」(34歳/情報・IT/技術職)

結婚してからは家計=財布を夫婦のどちらが持つかがポイントになります。もし自分が自由に使うお金をお小遣い制にした場合は、金銭感覚を変えざるを得ないでしょう。ですが妻が家計を管理するのであれば、一人暮らしの延長のような感覚になるのかもしれませんね。

●独身時代から倹約家だった

・「独身時代から、無駄遣いしないように心がけていたため」(31歳/その他/その他)

・「独身時代も節約していたから。ただ夫と食べに行くときや旅行のときはお金を今までより使うようになった」(33歳/その他/その他)

結婚してからは自由に使える時間もお金も減る傾向にあります。もとからお金に対してシビアだった人は、そう苦労せず必要な倹約ができるでしょう。夫と家計を共有することで、今までよりもリッチな経験をすることもあるようですね。

■まとめ

結婚生活において、妻の金銭感覚は重要です。妻が家計を任されることも多いですからね。そのためか、結婚してからは倹約思考にチェンジする人が多数派でした。今は浪費ぎみな人でも、家庭のためならバランスのとれた支出ができるようになるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数142件。22歳〜39歳の既婚女性)