お風呂に砂糖を入れる新習慣、みずみずしい柔肌づくり

写真拡大 (全2枚)

心身ともにデトックスできるバスソルトは、忙しかった1日をリセットするためのマストアイテム。
ある日、塩を愛してやまない私の耳に、バスシュガーがあるという情報が入りました。
自然派コスメ好きにはたまらない
塩ならぬ砂糖をお風呂に入れるなんて未知の世界。
どんな商品かを調べてみたところ、天然成分100%や化学成分フリーにこだわったコスメブランド「QUON (クオン) 」から、2016年6月14日(火)に発売される新製品「初摘みバスシュガー」のことでした。
「クオン」といえば、ホームケア用のチョコレートパックをオーガニックで作ったり、初摘み茶葉のエキスにこだわったコスメシリーズを展開したりと、目新しいアイテムを次々発表し続ける、自然派コスメ好きにはたまらないブランドのひとつ。「初摘みバスシュガー」にも期待が持てます。
柔肌が期待できるバスシュガー

「初摘みバスシュガー」は、その名のとおり、サトウキビやサトウダイコン由来の砂糖を配合しています。引き締めやクレンジング、デトックス効果が期待できるソルトに対し、シュガーは、みずみずしくやわらかい肌づくりに効果的。
砂糖と聞くとベタベタしそうな印象ですが、シュガーが入ったお湯は、さらっとしながらも、やさしく肌を包み込むような感触になります。
同バスシュガーは2種類。
ひとつは、オレンジ、ティーツリー、ラベンダーなどのシトラスハーバルの香りで、リラックスしたいときに。もうひとつは、ゼラニウム、ダマスクローズ、パルマローザなどの豊かな香りを集めたハーバルフローラルの香りで、優雅なバスタイムを満喫したいときにおすすめです。
また、「初摘みバスシュガー」に配合されている、ワイルドクラフト(人の手を加えない自然農園)で栽培された茶葉は、生きるチカラ、外敵と闘うチカラが強く、栄養たっぷり。
紫外線や暑さで疲れた肌へエナジーチャージしたいときにも活躍してくれます。
シュガーとソルト、それぞれの魅力を使い分ければ、日によって異なるカラダのSOSをより的確にレスキューできそうです。
[QUON]