美容効果がぎゅっと凝縮!「はちみつ漬けナッツ」がスゴすぎる

写真拡大

今、女優やモデルの間で人気の間食“はちみつ漬けナッツ”をご存知ですか? 

ナッツをはちみつに漬けただけ、という簡単なものなのですが、美容効果が高いのが人気の理由。

しかもはちみつの強い抗菌作用によって長期の保存ができ、保存食として常備することができます。手軽に手作りができるというのも良いところ。

そこで今回は管理栄養士の筆者が、このはちみつ漬けナッツの魅力を詳しくご紹介したいと思います。

■とにかくナッツは美容成分の宝庫

ナッツが共通して多く含む栄養素としては、たんぱく質、食物繊維、ビタミンB群やミネラルが挙げられます。

たんぱく質は日々生まれ変わる肌の細胞を作る材料ですし、食物繊維は腸の中を綺麗にしてくれるので、身体を中から美しくなることを助けてくれます。

また、ビタミンB群やミネラルは体内の代謝活動を助けます。栄養素を滞り無く代謝し、細胞を生まれ変わらせたり脂肪が溜まらないように分解する働きを持つので、重要な栄養素と言えます。

これらがぎゅぎゅっと詰まったナッツ類は、まさに間食の王様。

■どのナッツを使うといいの?

何種類もあるナッツ。実は、それぞれ含まれる栄養素が違います。

たとえばナッツの中でも代表格のアーモンドは、ビタミンE、カルシウム、マグネシウムなどの栄養成分が多く含まれ、ナッツの中でも一番の栄養素を含むと言っても過言ではないほど。

自宅ではちみつ漬けナッツを作る際は必ず入れたいナッツですね。

またナッツの中でもあまり目立たないカシューナッツには、鉄分、亜鉛、ビタミンB1が他のナッツよりも圧倒的に多く含まれています。

さらにくるみも特徴的で、ナッツの中で唯一、オメガ3脂肪酸という普段の生活では不足しがちな脂質を多く含んでいます。

はちみつ漬けナッツを作る際にはこれらのナッツを忘れずに入れたいですね。

■さらにはちみつの良さもプラス

単体でも十分な美容効果が望めるナッツですが、はちみつを加えることでその効果はさらに向上します。

はちみつは自然界が生み出した産物で、さまざまな成分が含まれています。

たとえばオリゴ糖。オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになることで働きを促進させ、腸内環境を良好に保つことを助けてくれます。

さらにポリフェノールも入っているため、紫外線やストレスなどで発生し身体を老化させる活性酸素を効果的に除去してくれるのです。

いかがでしたか? 豊富な栄養を持つはちみつ漬けナッツは、食べやすさもその特徴のひとつ。美容のためにナッツを食べたいけど生だと味気なくて続かないという方はぜひ試してください。はちみつの優しい甘味が加わると途端に食べやすくなりますよ。

そのまま食べるのはもちろん、トーストやパンケーキにかけたり、サラダ、チーズにかけても美味しくいただけます。簡単に作れて栄養満点のはちみつ漬けナッツ、ぜひ作ってみてくださいね!

【筆者略歴】

※ 圓尾和紀 ・・・ 管理栄養士。総合病院勤務を経て予防医療を志し、独立。和食素晴らしさを伝える活動と、”不自然な食べもの”にあふれた環境で、定期的に身体をリセットする目的からファスティングを取り入れた生活の提案を行う。カラダヨロコブログ。

【画像】

Elena Schweitzer / shutterstock