「サイバーナビ」シリーズの訴求点のひとつであるドライバーサポート機能が最新モデルでさらに進化しています。

1

ドライバーエイドに欠かせない「マルチドライブアシストユニット」の「ND-MA1」は、「サイバーナビ」のモデルによって同梱されるほか、別売となっています。

フロントカメラで撮影した前方映像を解析処理し、ドライブに必要な情報と重ね合わせて「サイバーナビ」のナビ画面上に表示する「ARスカウタービュー(AR=拡張現実)」、前方車両接近警告や誤発進警告、車線逸脱警告などのほか、「サイバーナビ」をドラレコとして使えたり、車両盗難や車上荒らしなどを抑制したりするセキュリティ機能のほか、これらの映像、画像の再生などが可能になっています。

同梱されるのは、AVIC-CL900-M・CW900-M・CZ900-M・CE900AL-M・CE900VE-M・CE900VO-M・CE900NO-M・CE900ES-M・CE900ST-Mの各モデル。

別売となるのは、AVIC-CL900・CW900・CZ900・CE900AL・ CE900VE・CE900VO・CE900NO・CE900ES・CE900ST。

価格はオープンですが市場想定価格は6万円前後。

ほかにもオプションが用意されていて、「バックカメラユニット」の「ND-BC8供廚1万3000円(税別)、「MAユニット用スマートキーホルダー」の「CD-SK1」はオープンプライス(市場想定価格は5000円前後)、「フロアカメラユニット」の「ND-FLC1」もオープンプライス(市場想定価格は3万円前後)、「オービスSD」の「CNAD-OP17SD」は4800円(税別)となっています。

(文/塚田勝弘・写真/小林和久)

【関連記事】

■新型カロッツェリア「サイバーナビ」が登場! 7V型ワイドから10V型ワイドまで多彩なモデルを用意
http://clicccar.com/?p=371339

■すべてを一新したカロッツェリア「サイバーナビ」の新しい操作性とは?
http://clicccar.com/2016/05/13/371355/

「サイバーナビ」のドライバーサポート機能と多彩なオプションにも注目!(http://clicccar.com/2016/05/16/372017/)