中信金融管理学院提供

写真拡大

(台北 16日 中央社)台湾の金融大手、中国信託金融ホールディング(CTBC)の子会社、台湾彩券が投資する中信金融管理学院(台南市)の関係者が今月初旬に訪日し、教育機関などと交流を深めた。

セント・メリーズ・インターナショナル・スクール(東京都世田谷区)では、今後予定されている中等教育機関の設立に向けて校内を視察。横浜中華学院(横浜市)では教育交流に関する意向書に調印したほか、東京中華学校(東京都千代田区)でも友好関係の強化を図った。

同学院は今夏、1カ月間の訪日語学研修を初めて実施する予定。日本語の授業が行われる朝日日本語学校(福岡市)では今後のさらなる交流拡大に期待を寄せた。

(編集:齊藤啓介)