男子は「彼女との電話」が正直しんどい #男子の本音

写真拡大

一般男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、男子にちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは「男子は彼女との電話が正直しんどい」。一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

「最近の出来事とか、内容のない話をだらだらされると、正直時間がもったいないなーって感じる。付き合ったばかりの頃はそれも楽しいけれど、しばらくすると早く本題に入ってくれ...ってなるよね」(28歳・マスコミ)

「電話を日課にされるのが辛い。寝る前とか朝とか、どんだけ時間奪ってくるんだよって思う」(30歳・新聞社勤務)

「明らかに仕事の時間帯とか、伝えてあるのに飲み会のときに平気で電話かけてこられるのがしんどい...。気を遣ってくれよって思う」(25歳・マスコミ)

「たわいもない会話」が楽しいのは最初だけ

男性にとって、付き合いが長くなればなるほど、彼女との"用事のない電話"はしんどくなります。

ほとんどの男性は、電話はデートの約束や時間の確認など何か目的をもってするものであり、女性のように電話でのおしゃべりは得意ではありません。おしゃべりがしたいなら、電話よりはデートのときなど、実際に面と向かって話せるときにしたほうが得策です。

電話を日課にしない

「毎日夜に電話ね!」とか「朝の3分だけ電話しよ!」など、日課にされることに男性はしんどさや面倒くささを感じます。男性の負担を大きくしてはいけません。お付き合いの賞味期限が早まるだけです。

気を遣ってほしい

仕事や飲み会、友達と会っていると伝えているはずなのに、電話をかけてくる。しかも緊急事態ならまだしも、大したことない用事で平然と...。そんな彼女に、男性は不満を感じているはず。相手の都合を考えられない女性、と判断される前に行動を振り返りましょう。

「電話より会ったときに話せばいいじゃん」と思うのが男性のホンネです。男性は自分の時間を奪ってくる女性に、危機感を覚えます。電話は日課にせず、目的をもって必要最小限におさえるようにしましょう。

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

image via Shutterstock