写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クレディセゾンとデジタルガレージは5月16日、クレディセゾンが保有するデータを活用する「プライベート DMP(Data Management Platform)」(以下、セゾン DMP)を共同構築したと発表した。

クレディセゾンは、これまで分散されていたカード会員の属性データやカード利用情報、ネットサービス利用データなどの各種データを特定の個人を識別できないデータ処理を行い、セゾン DMPに統合したうえで、デジタルガレージの機械学習等のデータ解析技術により行動データの相関性やカード会員の類似性を解析し、パーソナライズされた最適な情報配信を行う。

これにより、従来の画一的な情報配信ではなく、パーソナライズされたタイムリーな情報配信を実現し、1200万人を超えるクレディセゾンのネット会員の快適なショッピングをサポート。

さらに、類似の特徴を持つ会員に対してもニーズを喚起するタイムリーな情報を提供することで新たな需要につなげるとともに、法人顧客に対してもビッグデータを活用した集客施策をはじめ、リサーチ、販売促進支援などマーケティングソリューションの提供にも取り組む。

近年、政府・経済産業省では、キャッシュレス決済に伴い得られるビッグデータの活用に向けて検討・協議をするため「クレジットカード産業とビッグデータに関するスタディグループ」を設置し、環境整備の具体的方策について検討を行っている。

官民共同でキャッシュレス決済が推進される中、クレジットカードデータ活用の具体的な取り組み事例として、クレディセゾンが有する顧客基盤や決済ノウハウを活かした新サービスを開発・推進することで、新たなビッグデータビジネスモデルの創出を通じた日本の消費活性へとつなげていく考えだ。

(岩井 健太)