イクメンマッチョなら、みんなにモテモテ(イラスト・サカタルージ)

写真拡大

強くてたくましい男より、優しげなイケメンがモテる昨今、アナタは男性のどんな面にいちばん惹かれますか? やはり「誠実さ」ではないでしょうか?

ならば、色々問題はありましょうが、マッチョな男こそオススメ。「男性ホルモンの豊富な男はウソをつかない」というれっきとした研究が出ていますゾ。

「真っ正直でありたい」というプライドがある?

この研究をまとめたのはドイツ・ボン大学のバーン・ウェバー博士(神経科学)のチームだ。2015年10月に米科学誌「PLOS ONE」に発表した。ウェバー博士らは、男性ホルモン「テストステロン」が男性のさまざまな行動に与える影響を調べる一環として、「誠実さ」の実験をしたのだ。

テストステロンは、骨や筋肉と強くするなど「男らしさ」を象徴するホルモン。スポーツ選手や犯罪者に多いという報告もあり、「闘争本能」の源でもある。ロンドン・シティーの金融トレーダーは、テストテスロン濃度が高い日ほど投機的行動が成功に結びつき、高収入になるという研究成果があり、「マッチョ」な男ほどテストステロン分泌量が多いといわれる。

研究チームは、健康な若い男性91人(平均年齢24歳)を2つのグループに分けた。46人にはテストステロン50ミリグラムを皮膚に塗って吸収させ、45人にはプラセボ(ニセ薬)を皮膚に塗った。被験者も、実験に立ち会う研究スタッフも、誰がテストステロンかプラセボか分からないようにした。翌日、全員の体内のテストステロン濃度を測ると、テストステロン塗布グループの濃度は明らかに高かった。

その後、全員に個室でサイコロゲームをしてもらった。サイコロの出た目によって点数をつけ、その結果をパソコンに入力する。点数が多いほど、お金をたくさんもらえる。個室なので誰も見ていないため、いくらでもウソの入力をできる。しかし、統計的に1〜6の目が出る確率は同じだから、異常に高い点数を報告した者はウソをついていることがわかる仕組みだ。

その結果、テストステロン塗布の男性は、プラセボの男性に比べ、平均的に点数が低く、統計上出る目が予想される「正直な数値」に近かった。たとえ人が見ていなくても、正直に出た目を申告したわけだ。

どうしてこういう結果になったのか。ウェバー博士はこう語っている。

「テストステロンは、英雄的な利他主義の行動を起こすモチベーションになると推測されます。常に真っ正直でありたいと、男性が自分にプライドを持ち、前向きであり続けるための手助けをするのです」

子どもを作る際はゲンキ、育てる際はダメな「オトコの宿命」

「男らしさ」のテストステロンは、実にいい働きをするが、一方では女性をガッカリさせる研究も少なくない。米国で3000人以上を対象にした研究では、テストステロン量が多い男性ほど恋愛関係にあるパートナーの数が多く、再婚率が高い。そして、子育てに参加する割合や子どもへの関心度が低くなるという。また、別の研究では、家庭で子どもと一緒にいる時間が長い男性ほど、テストステロンの分泌量が少なくなる調査もある。

子どもを作る際は旺盛に分泌されるが、育てる段になると減ってしまうのが「オトコの宿命」のようだ。それでもアナタは「マッチョな男」を選びますか?