「結婚しないと動物に変えられる世界」を描いた映画『ロブスター』

写真拡大

独身者は収監され、45日以内に配偶者を見つけないと動物に変えられるディストピア世界を描いたSFコメディ映画『ロブスター』。

「「結婚しないと動物に変えられる世界」を描いた映画『ロブスター』」の写真・リンク付きの記事はこちら

未来のアイルランドが舞台の冷酷なSFコメディ映画『ロブスター』では、権威主義的なデートサーヴィスとしか説明できないシステムによって、世界が回っている。45日以内にパートナーを見つけなければ動物に変えられる世界だ。

この世界には、良き市民が人間であり続けられるかを決める、恐怖の「ホテル」が存在する。動きを制限された独身者は、ここで再教育を受ける。独身でいることが間違っている理由を学習し、ふさわしい配偶者に出会う機会を与えられるのだ。

妻に捨てられて悲しみに包まれた不器用な主人公デイヴィッド役を演じるのは、コリン・ファレル。彼は、空虚な絶望感を漂わせ、落ち着かない様子でホテルに到着する。伴っている犬は、デイヴィッドの兄だった「元人間」だ。

ホテルのオーナーは、デイヴィッドにルールを話す。マスターベーションは禁止、森に逃げた逃亡者を撃てば、動物に変えられずに独身でいられる期間を延長できる、といったルールだ。

オーナーはさらに、パートナーを見つけられなかった場合にどの動物になるか選ぶよう求める。犬に変えられた兄を不安げに見ながら、デイヴィッドはロブスターになりたいと答える。「ロブスターには青い血が流れている(blue blood=貴族や名門出身者の別称)」し、かなり長生きするからだ。

デイヴィッドのパートナー探しは、最初のうちは失敗ばかりで笑える。だがやがて、ホテルから命がけで逃げ出す以外に選択肢がない恐ろしい状況に追い込まれる。ホテルを包む森には、妙にさまざまな動物がいて、どれも、元は独身者だったと思われる。

the-lobster-640x379

デイヴィッドは、独身主義者グループの女性に音楽を聞かせるのだが…。

デイヴィッドは森のなかで、破壊活動を行う「独身者たち」のグループに出会う。「怒れる独身主義の女性活動家」(レア・セドゥが演じており、本当に怖い)が率いるこのグループは、恋愛絶対禁止がルールで、カップルに対する奇襲攻撃を計画する。ある忘れられないシーンでは、カップルを別れさせ、彼らの家で銃を突きつけ、互いへの愛に疑問を抱かせる。

ギリシャ人監督ヨルゴス・ランティモスによる本作は、第68回カンヌ映画祭審査員賞を受賞。英国で昨年封切られて大ヒットしたが、米国では今週末にようやく公開される(日本では、3月5日の新宿を皮切りに現在各地で順次公開中)。風刺作品として始まるが、次第に自分の人生を考えさせられ、観終わった後も長く衝撃が残る作品だ。