写真提供:マイナビニュース

写真拡大

主婦の友社はこのほど、書籍『コーヒーの秘密』(550円・税別)を発売した。

2015年5月、国立がん研究センターは「1日3〜4杯のコーヒーを飲む人は、心疾患や脳血管疾患で死亡するリスクが約4割減る」と発表した。コーヒーの研究は世界中で行われており、認知症やがん、肥満、糖尿病を抑制する効果なども報告されているという。

同書は、"いつもの1杯"をより健康へとつなげるコーヒーの飲み方ガイドとして、研究で明らかとなったコーヒーの健康効果や豆知識を紹介している。

コーヒーのさまざまな健康効果は、専門家が解説。東京医科大学の小田原雅人主任教授によると、コーヒーの飲用で糖尿病の発症率が3割減るという。東京慈恵会医科大学の鈴木政登客員教授は、「カフェイン+1時間後の運動」は、メタボ対策の最強コンビであると解説している。

神戸大学名誉教授でもある再生未来クリニック神戸の市橋正光院長は、コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、メラニンの生成を抑えてシミをおさえる健康効果があることを紹介。また、女芸人のまぁこさんのダイエット秘話も公開。運動と食事法に加え、運動の前にコーヒーを飲むダイエットを取り入れ、97kgだった体重が1年で49kgまでやせたという。

さらに、研究結果をもとにした効果的な飲み方についても解説。日本人の胃の粘膜は欧米人よりも弱いため、飲みすぎない量として1日3杯が目安だという。砂糖は入れず、ミルクを入れるなら少量がよいとのこと。飲むタイミングや「カフェインレスでも効果があるのか」といった疑問に答えるQ&Aコーナーも掲載している。

そのほか、アメリカで話題のダイエットドリンク「バターコーヒー」など、アレンジレシピも多数紹介している。

(フォルサ)