いいかげんにしろ!スーパーマーケットでダメ親子認定されるNG行動4つ

写真拡大

子どもを一緒に連れて行く頻度の高い、スーパー。おとなしくしていてくれればいいけど、子どもがいきなり走り回ったり、自動ドアで遊び始めたり……なんてことは日常茶飯事。

自分以外にも、子どもを連れて買い物に来ている人が大勢いるので「多少の粗相は許されるよね?」と、思っているようだとしたら……そんなあなたはヤバいかも!

そこで今回は、今井登茂子さん監修・葦野そらさん著『子連れお出かけらくらくマナー』や『WooRis』の過去記事を参考にしながら、スーパーでダメ親認定されてしまうNG行動を4つご紹介します。

 

■NG1:買い物カートの荷台に子どもを乗せる

スーパーで非常識認定されてしまうNG行動1つ目は、買い物カートの“荷台”に子どもを乗せている、です。

カートに子ども用のイスが付いているにもかかわらず、荷台に子どもを乗せているのを見ると、「えっ!?」と目を疑ってしまいますよね。親がそれを良しとして行っていると、周囲から白い目で見られること確実です。

また、荷台は荷物を乗せるためのものであって、人間が乗ることを想定して作られていません。安全性にも問題があり、とても危険です! 絶対止めましょう。

 

■NG2:エレベーター待ちの行列に横入り

週末のスーパーに行くと、赤ちゃんを抱っこしながら、買い物カートにもう一人の子どもを乗せ、買い物をしているパパ・ママを見かけることもありますよね。

階を移動する際には、エレベーターを使うことになるわけですが、エレベーター待ちで行列になっていることもあると思います。そんな中、同じような状況の子連れの方が“横入り”……そんなケースに遭遇したことありませんか?

筆者は先日、このケースに遭遇したのですが、悪びれもせず、横入りしている子連れママの姿を見てしまいました。筆者の前に並んでいた、別の子連れパパ・ママも「子ども二人連れて大変だと思うけど、あれはないよなぁ……」と小声で言っていました。

親が積極的に列へ横入りしていると、子どもも含めて常識がない家族だと思われてしまいますので、くれぐれも気をつけたいですよね。

 

■NG3:子どものマナー違反を注意しない

売り物にベタベタ触っていたり、店内を走り回ったり……など、スーパーに限らず、子どもがお店でしていると迷惑な行為ってありますよね。それを親が注意しないと、どういう目線で見られてしまうと思いますか?

『WooRis』が独自に行った調査「2位汚い食べ方にドン引き…“育ちが悪い”認定される人の特徴、圧倒的1位は?」によると、育ちが悪い人と周囲から思われてしまう行動1位は“マナーが守れない”でした。

我が子がマナー違反をしているのに親が注意せず放置していては、子どもまでもが周囲から「あの子、育ちが悪い……」と見なされてしまいます。我が子をそんな目でみられたくありませんよね。

 

■NG4:子どもが“危険な遊び”をしているのに放置

NG行動の4つ目は、子どもが“危険な遊び”をしているのに放置です。

たとえば、

・自動ドアで遊ぶ

・エスカレーターを逆走する

などが挙げられますが、時折、子ども同士で遊んでいること見かけますよね?

これらの行動を親が放置していると、“育ちが悪い”以上に、子どもの命を守る責任が皆無の、“非常識すぎる親”のレッテルを貼られてしまうことでしょう……。

これらの場所での、子どもの事故は後をたたず、とても危険です。小さな子どもは、なにが危険なのか理解していない場合もありますので、子どもから目を離さず、しっかりと伝えていきたいですね。

 

以上、スーパーでダメ親認定されてしまうNG行動をご紹介しましたが、いかがでしたか?

きちんとしたマナーは財産になります。子どもにしっかりとマナーを身につけさせるためにも、まずは親自身があらためて振り返りたいですよね。

(ライター 大宮つる)

 

【関連記事】

※ 2位行列に横入りよりも!? ダメ親認定される「子連れ旅行の迷惑行為」1位は

※ FP直伝!「スーパーでのムダ遣い」を絶対にやらない方法5つ

※ ありえない!子連れの外食で「ダメ親認定」されちゃうNG行動4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 健康生活の強い味方!驚くほどの栄養たっぷりミドリムシ

※ これでもう汗に悩まない!? 脇汗が驚くほど止まる「毎朝5秒の習慣」とは

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

 

【姉妹サイト】

※ お宅は…大丈夫!? 「夫婦の不仲が子どもに与える悪影響」3つ

※ さげまん妻は「でも」が口癖!さげまんになりやすい女性の特徴とは

 

【参考】

※ 今井登茂子監修/葦野そら著(2011)『子連れお出かけらくらくマナー』(土屋書店)