16日、韓国日産は同社のディーゼル車「キャシュカイ」に排ガス量の不法操作が見つかったとする韓国環境部の発表を否定した。この報道に、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年5月16日、韓国・YTNによると、韓国日産は同日、同社のディーゼル車「キャシュカイ」に排ガス量の不法操作が見つかったとする韓国環境部の発表を否定した。

韓国日産は「キャシュカイは欧州でユーロ6の基準をクリアしたように、韓国でも適法に認定手続きを通過した」とし、「どの車両にも不正な機能を使用したことはない」との立場を明らかにした。

また、韓国内の基準と同様に厳しいテストを行うことで有名な欧州連合(EU)の規制機関も、「日産車の排ガス低減装置に不正な設定はしていない」と明らかにした。韓国日産は「環境部に全面的に協力し、今回の事案を円満に解決するため最善を尽くす」と述べている。

環境部は同日、「キャシュカイ」に排ガス規制を免れるための不正な設定が行われたと判断し、販売停止命令を出した。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「環境部はなぜ外車企業だけを調査する?まずは国産車のディーゼル車を徹底的に調査するべき」

「まだ確定していない。韓国政府の発表をうのみにして、『韓国車には問題がなかった。やっぱり国産が一番』と国民が考えると思った?」

「こうなったら全てのディーゼル車を調査するべきではないか?韓国の空気が悪いのはディーゼル車から排出されるガスが原因なのだから」

「韓国政府の発表という部分で信ぴょう性が落ちる」

「加湿器殺菌剤事件も同じように精密な検査をしてくれたら…」

「日本車の中で品質が最高なのは、やっぱりトヨタとホンダだね!」(翻訳・編集/堂本)