芳根京子

写真拡大

10月3日から放送されるNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』の追加キャストが発表された。

【もっと大きな画像を見る】

『とと姉ちゃん』の後番組となる『べっぴんさん』は、第二次世界大戦後に日本初の総合子ども用品店を開いた実在の女性をモデルにした物語。これまでに、主人公の坂東すみれ役を芳根京子が演じることが明らかになっていた。

今回出演が明らかになったのは、すみれの父で繊維会社「坂東営業部」を経営する坂東五十八役の生瀬勝久、すみれが9歳の時に亡くなる母・はな役の菅野美穂、すみれの姉・ゆり役の蓮佛美沙子、すみれの幼なじみで生涯にわたって彼女を支える野上潔役の高良健吾、潔の父で坂東営業部の番頭役を務める野上正蔵役の名倉潤、坂東家の女中・マツの娘である小野明美役の谷村美月、すみれの同級生で、後にすみれの会社の創設メンバーとなる多田良子役の百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、同じく同級生・田坂君枝役の土村芳、坂東家に出入りする靴職人・麻田茂男役の市村正親、五十八の母ですみれとゆりの祖母・トク子役の中村玉緒。同作は5月下旬のクランクインを予定している。