サラリーマンはホストよりも遊んでいる!?誠実さと職業は関係ない
【本当の愛をめぐる冒険/第3回 元ホスト、経営者・手塚マキVol.2】

 パートナーと10年付き合っているゲイライターの渋谷アシルが、「本当の愛とはいったいなにか」を追求する冒険に出発。恋愛や男女関係のスペシャリストたちに話を聞いてまわります。

 第3回のスペシャリストは、元ホストでありながら、2014年にアーティスト集団「Chim↑Pom」のエリイさんと結婚し、新宿をデモ行進のように練り歩く斬新な“結婚式”も話題になった、ホストクラブ経営者の手塚マキさんです。

◆愛情を売ることは奉仕に近い

「自分の愛情を売ることは悪いことじゃない」と語る手塚さん(前回参照)。でも、それってホストの言い訳な気がするんだけど……。

「愛情を売るって、奉仕に近いんです。というのは愛情を商品化しているようにみえるけど、それを求めるお客様に対して、人間として、こちらが愛情を持って接することができているかどうか、にかかってるんです。

 そもそも、ホストなんて生活に必要な存在ではない。だけど、お客様の心に寄り添って癒やしてあげていることに間違いはないんですよ。だって、毎月20万くれる代わりに奥さんに一切関心を持たない旦那さんと、1時間10万円で話を親身になって聞いてくれるホストと、どちらがより女性を喜ばせていると思いますか?」

 たしかに、その人にとって救いになっているなら、愛情を売ることは悪いことじゃないのかもしれない。なんだか、ホストもホストだけど、奥さんを「10万円払ってでも癒されたい!」という心理状態に追い込んでいる旦那さんの方にも罪がある気がしてきたわ……。

「しかも、ホストはお金をいただく分、きちんとお客様と向き合います。だけど、それを仕事にしていない男性は女性と向き合う必要がない分、より打算的だし、見返りを求めていると思いますよ」

 衝撃的な発言! でも、それは納得かも。かわいい子にはやさしくする、ヤラせてくれそうな子にはおごる……。恋愛は仕事じゃない分、より自分にメリットをもたらしてくれそうな人に対して一生懸命になるもの。そんな男性って、世の中に溢れている気がします。そして、そんな男性に泣かされている女性も少なくない。

「それに、ホストよりも一般男性の方が遊んでると思います。『ホストをやってます』とか言うと女性はひいちゃうけど、『IT系です』とか『広告やってます』とかいうと、内容まで聞かずそれだけでなびちゃう若い子も多いでしょ? 大人になって社会を見渡すとそういうこずるいサラリーマンって意外に多くて、毎日のように飲むし、女の人もとっかえひっかえだし、びっくりしました(苦笑)」

 IT系と広告系の男性が遊んでるのは「やっぱり」って感じだけど、ホストも引くくらいだったとは……。昼の世界だからって安心できませんね。これは肝に銘じておかなくちゃ。

☆今週の格言:男性の誠実さは職業と関係ない

※手塚マキさんインタビューVol.3へ続く

【手塚マキ プロフィール】
元ホストで歌舞伎町のホストクラブのグループ「Smappa!Group」会長。
歌舞伎町の街角を24時間生放送するスタジオ「TOCACOCAN」の運営も手掛ける。

<TEXT/渋谷アシル>
【渋谷アシル プロフィール】
昼間は会社員の仮面をかぶった、謎のゲイライター。これまでお付き合いしてきたオトコをネタに原稿を執筆する、陰険な性格がチャームポイント。オトコに振り回される世の女性のために、ひとり勝手にPCに向かう毎日。