写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は5月16日、同社のフラッグシップモデルである新型BMW7シリーズに「リモート・パーキング」機能をオプション設定し同日より販売を開始すると発表した。価格は7万4000円。

同機能では、駐車・出庫、駐車完了後のエンジン停止などをBMWディスプレイ・キーで操作することができる。乗員の乗り降りが難しい狭いスペースでの駐車の際に便利で、リモート・パーキング作動時はフロントおよびリアバンパーに搭載されたセンサーが常に作動しており、障害物や歩行者の不意な飛び込みを検知すると車を自動的に停止する。

BMWは2000年より高度自動運転技術の開発を進めており、今回のリモート・パーキング機能は車線中央の走行を維持するようにステアリングの自動操舵を行う「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」に続く、自動運転技術応用の第2弾となる。

(神山翔)