Gear VRブースでは、4K機材と連動した本格的バーチャルリアリティが体感できる

写真拡大

モバイルブランドGalaxy(ギャラクシー)は2016年5月19日、東京駅丸の内南口の商業施設KITTE(東京都千代田区)に、エンターテインメントパーク「Galaxy Studio(ギャラクシースタジオ)」を期間限定でオープンする。

同パークは16年夏モデル「Galaxy S7 edge(ギャラクシーエスセブンエッヂ)」の発売に合わせて企画された。Galaxy S7 edgeはNTTドコモとauから同日に発売される。事前予約受け付けは、ドコモショップ、auショップ、家電量販店などで始まっている。

全てのブースに立ち寄ると豪華賞品がもらえるかも

会場は5つのブースに分かれる。Galaxy S7 edgeのブースでは、カメラ機能や防水機能のすごさを来場者に感じてもらうべく、暗室ホタル撮影やデジタル金魚すくいのコーナーが設けられる。

ゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR(ギアブイアール)」のブースでは、4D機材と連動したバーチャルリアリティ(Virtual Reality/仮想現実/人工現実感)を体験できる装置が置かれる。サーフィンの映像と合わせてサーフボードが動いたり、ジェットコースターの映像と連動してイスが動いたりする。ビルの中にいながら別空間に没入できるというわけだ。

このほかにも時計型ウェアラブル端末「Gear S2(ギアエスツー)」や、球形のVRカメラ「Gear360」のブースがある。

来場者にはスタンプカードが渡される。ブースを回ってスタンプを集めると、Galaxy S7 edgeなど豪華賞品がもらえる「Galaxy Challenge」に参加できる。またパーク内には販売デスクも設置され、その場でGalaxy S7 edgeを購入した人には特典があるそうだ。

営業期間は5月19日から6月8日までの3週間で、時間は11時から19時まで(初日は12時から開放)。