この春に明成高を卒業した八村塁(はちむら るい)が日本バスケットボール界の大きな期待を乗せて渡米した。NCAA(全米体育協会)ディビジョン1のゴンザガ大入学を前提に、大学内のESL(English Second Language=第二言語としての英語を学ぶ学校)に3カ月間通うためだ。9月の入学を見据えた渡米で、ESLで成績を上げることによって入学が確定する。

 202cm、105kg。ベナン人の父から譲り受けた身体能力を持ち、しなやかさと状況判断に優れたクレバーなプレーで、高校2年生で出場したU−17世界選手権では得点王に輝いた。NCAAディビジョン1の強豪校からスカラシップ(奨学金)選手として多数の勧誘が舞い込んだことからも、期待の大きさは計り知れない。そんな八村が進学先に選んだのは、今春のNCAAトーナメントでベスト16、昨季はベスト8入りをした強豪、ゴンザガ大だ。

 八村は将来の目標を聞かれると「NBAでプレーすること、東京オリンピックで活躍すること」を口にしており、目標実現のためには「NCAAでプレーすることがいちばん近くて、いちばんいい道」と意志は固いが、渡米が決まるまでは決して簡単な道のりとは言えなかった。NCAAでプレーするには、高校の評定平均(GPA)と大学進学適性テスト(SAT)の総合評価がNCAAの基準を満たし、最終的には大学が設ける基準をクリアしなければならない。

 また晴れて入学が認められても、NCAAでは学業がおろそかになれば選手登録をすることができず、公式戦には出場できない。いわゆる「レッドシャツ」扱いとなる。「これまで文武両道をしてこなかったので......」とみずから言う八村は英語力を上げる必要があり、もし今年9月の入学許可が下りない場合には、ゴンザガ大指定のプレップスクールに通って入学準備をすることも考えられた。だが、八村は大学から期待されて勧誘されたスカラシップ選手。ゆえに本人は「1年目はレッドシャツで環境に慣れる期間でもいいから、プレップスクールには通わずに入学できるように頑張りたい」という覚悟があった。その熱意に対し、明成高校と同校バスケ部が万全のサポート態勢を敷いた。

 この1年間で受けたSATは5回。高校の先生やネイティブ・スピーカーによるマンツーマン指導によって徐々にスコアを伸ばしていった。高校卒業後も仙台にある明成バスケ部の寮で生活しながら、高校協力のもと勉強を続けてきた。夕方になれば部活動に参加して後輩たちと汗を流したが、練習をしながら1日7〜8時間、勉強に費やしたという。

 勉強漬けの毎日を送ることは受験生にとっては当然のことだろう。だが、八村のすごさはNCAAの強豪校入学を目指しながらも、ウインターカップで3連覇を成し遂げたことにある。

 八村を擁する明成は2年生だけでウインターカップを制す快挙を果たしたため3年時も下馬評は高かったが、周囲が思うほど簡単に勝ってきたわけではない。この1年間の八村は代表候補に選ばれて海外の親善大会に参加し、ジョーダン・ブランド・クラシックやNBAとFIBAが共催するキャンプに招待されるなど、公式戦以外にも多忙な1年を送った。逸材を預かった明成としても、将来を見据えてケガをしない体作りや、ポジションを固定せずに可能性を引き出す育成を手がけた。また、選手たちのアイデアで試合運営をさせて自主性を伸ばすなど、目先の勝利だけにこだわらない指導をしてきた。

 日本の高校に通いながらNCAAの強豪校から勧誘された初のケースに、佐藤久夫コーチ率いるバスケ部と明成高のサポート態勢は万全であり、やるべきことをやり遂げて送り出したのだ。

 八村自身、プレッシャーがなかったわけではない。

「アメリカ行きの目標や3連覇のプレッシャーもあって、気持ちを持ち続けるのはすごく大変でした。けれどこれからもずっとバスケをやっていくのだから、とにかくうまくなりたい思いで練習に集中しました。最後の1年は苦手だった勉強をする習慣がついてよかったと思います」と笑う。

 何より、U−17世界選手権でアメリカと対戦し「なんてハングリーなんだ」と世界王者の強さを肌で感じたその日から、夢が目標となり、アメリカに行きたい気持ちを抑えることができなかった。そんな八村の努力のあとを恩師の佐藤コーチはこう語る。

「八村は誰よりも貪欲なまでの向上心を持っている選手で、3年間で自分をイジメることができるようになった。困難をクリアする楽しさを体験したことが彼を成長させた」

 一方で、「それでも彼は持っているレベルの高さを全部出し切っていない」とも語る。それはもっと成長できるという意味であり、「高いレベルの相手とやり合うことで能力がもっと引き出される」と期待を込めた。

 気になるのは、9月の入学が実現するのか、という点。ゴンザガ大と交渉を続けた明成バスケ部アスレティックトレーナーの高橋陽介氏はこのように説明する。

「今の状況はNCAAの基準に達したので、あとはゴンザガ大の基準に達する必要があります。そのために3カ月間ESLに通って英語力を上げ、また入学が認められた際には授業についていけるようにチューター(家庭教師)をつけて学業を頑張ること。これらを条件に大学側が受け入れのビザを発行してくれました。ゴンザガのチームが八村に期待していることを感じますが、入学を確定するためには3カ月間で英語のレベルを上げることが第一です」

 八村に限らず、NCAAでは学業がおろそかにならないように選手にチューターをつけるケースは多い。つまり、スカラシップで勧誘された選手というのは、チーム側が必要とする戦力であり、八村もそうした対象であるからこそ、ゴンザガのチームも入学に向けての支援をするのである。

 こうした周囲の支援に感謝を感じている八村は、もう前しか見ていない。

「ディビジョン1の大学から誘われたとか、どう大学に入ったとかいうより、行ってからの頑張りが大事だと思います。雄太さん(ジョージワシントン大の渡邊雄太)のような真面目な人も遊びに行かずに勉強しているというし、バスケを頑張っているのを見ると本当にそう思います」

 なお、7月のリオ五輪最終予選の候補に選出されている八村の活動については、「日本協会、大学、本人の三者間で話し合って決める」(日本協会)ことになる。高校の支援と大学からの期待。多大なサポートのもとで八村はアメリカへと飛び立った。これからは自分の実力で入学を確定させ、さらにその先の未来を切り拓いていく番だ。

小永吉陽子●取材・文 text by Konagayoshi Yoko