日韓関係の過去と現在そして未来に静かに思いをめぐらせているかのようだ
(左)国宝 半跏思惟像(奈良 中宮寺門跡)、(右)韓国国宝78号 半跏思惟像(韓国国立中央博物館、同博物館提供)

写真拡大

左足を折って右足のひざに乗せ、静かに物思いにふける。右手の指先はそっと右ほほに添えられている。日本と韓国の代表的な国宝「半跏思惟像(はんかしゆいぞう/はんかしいぞう、とも)」が、2体一緒にそれぞれの国で展示されることになった。史上初の快挙だ。

2016年5月24日から6月12日まで、まずソウルの韓国国立中央博物館で「韓日国宝半跏思惟像の出会い」が開かれ、そのあと6月21日から7月10日まで東京国立博物館の特別展「ほほえみの御仏-二つの半跏思惟像-」で再び2体が同時展示される。海を隔てて6〜7世紀に制作された、ほとんど同じようなポーズの有名な仏像は何を物語るのか。千数百年の時を経て21世紀のいま並んで公開される意義は?

地域や時代で名前が変わる

東京国立博物館で4月20日に開かれた特別展主催者による記者発表会では、アジア文化芸術協会会長の大橋一章・早稲田大学名誉教授らが半跏思惟像の歴史や見どころを紹介した。

\渋で代がなぜ分かるか

韓国の半跏思惟像はソウル・韓国国立中央博物館が所蔵する国宝78号像。銅造で高さ83センチ、6世紀後半の作とされる。韓国を代表する国宝だ。

日本からは奈良・中宮寺門跡に伝わる国宝の半跏思惟像。クスノキ材で高さ約123センチ。7世紀後半の作とされる。50円切手のデザインにもなって親しまれてきた。

両像には製造年月の銘文がないのになぜ「6世紀後半」とか「7世紀後半」と分かるのか。大橋名誉教授によると、基準となる同時期の他の作例との比較などから、おおむね時期が特定されるという。

日本でどうやってつくったか

古代の日本に仏教が伝来したのは6世紀。最近では538年説が有力だ。百済の聖明王から経典などがもたらされた。しかし、当時の日本ではまだ独自に寺や仏像を造る技術がなかった。577年、百済から技術者集団(造寺工や造仏工)がやって来る。彼らに学んで日本での本格的な仏像づくりがスタートした。「技術を習得して一人前になるまでに10年ぐらい修業しただろう」と大橋名誉教授は見る。

どんな名前だったか

半跏思惟像という形式の仏像は、紀元1〜3世紀のガンダーラ仏教のころからつくられていた。釈迦が思索する姿を表し、釈迦の名前から当時は「シッダールタ太子像」と呼ばれていた。それが、中国を経て朝鮮半島に伝わると、同じポーズの仏像が弥勒菩薩像と呼ばれるようになる。そして日本では次第に如意輪観音とか救世観音と名前を変えた。地域や時代によって名称が変化している。今回の展覧会では「弥勒」や「観音」の名は付けず、単に「半跏思惟像」と記している。

「日韓関係の新しい一歩になれば」

い覆次峭隆寺の弥勒菩薩」が出品されないか

日本で有名な半跏思惟像といえば、中宮寺のほかに京都・広隆寺のものがある。「広隆寺の弥勒菩薩」として親しまれている。なぜ今回の展覧会には出品されないのか。記者発表会ではそんな質問も出た。

主催者側の説明によると、広隆寺の弥勒菩薩はアカマツ製。当時の日本の仏像はクスノキ製がほとんどだったので、異例だ。朝鮮半島からの伝来仏ではないかという説も根強くある。

今回の展覧会は、古代の両国の文化交流を考えようというのがねらい。6世紀に韓国でつくられた像と、その影響を受けて7世紀に日本でつくられたことがはっきりしている像を並べることに意義があるという。「百済から習った仏像づくりを50〜60年かけて日本化した」(大橋名誉教授)のが中宮寺門跡の像であり、両方の像を見比べながら類似や違いを味わってほしいというわけだ。

2体の「半跏思惟像」に象徴されるように、古代の日本と朝鮮半島の関係はきわめて緊密で往来も盛んだった。ところがこの数年、関係が冷えこむ。

今回の合同展のアイデアは2年ほど前から民間ベースで動き出していたという。昨年12月の「日韓合意」で交渉が後押しされたそうだ。同展の実行委員会には千玄室・裏千家大宗匠、鎌田薫・早稲田大学総長、榊原定征・経団連会長、森喜朗・元首相、宮田亮平・文化庁長官ら、政財界や文化関係の重鎮の名前が並ぶ。

展覧会には「日韓国交正常化50周年記念」というサブタイトルがついている。「日韓関係の新しい一歩になれば」(実行委員会事務局)いう。