白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第7回
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

◆スイングの始動からトップまでで大切なこと

内藤雄士コーチ(以下内藤):前回のレッスンはスイングのトップとフィニッシュの形を覚えて、スイングの大枠を作りました。今回からは少し細かい動きについて説明していきましょう。

白石あさえ(以下白石):よろしくお願いします!

内藤:スイングで大切なことは、クラブの軌道を安定させることです。正しい前傾角度を作って構えた状態のクラブの角度。これがクラブをオンプレーンで振るひとつの基準になります。

白石:オンプレーンって何ですか?

内藤:スイングをしたとき、クラブのシャフトが動く面のことです。ヘッドだけを意識するのではなく、クラブ全体の動きをイメージすることがポイントになります。要するに前傾角度を作ったときに、体に対してできるシャフトの角度に沿ってクラブを振り上げて、その通ってきた軌道で振り下ろすことができれば、それがオンプレーンに振れているということになります。

白石:なんだか難しそうですね。

内藤:言葉で聞くと難しいですが、動きながら覚えれば、こういうことがオンプレーンに振れるんだということがわかると思います。

 まず、スムーズにテークバック(クラブを上げる動き)をするためのチェックポイントを説明します。白石さんに限らず、多くのアマチュアゴルファーは右肘がアドレスで外を向きがちです。これをお腹側に向けます。右打ちの人はほとんどが右利きだと思いますが、右手で強く打つイメージを持ったり、右手でクラブを振る意識があると右肘が外に向いて、右肩が前に出やすくなります。結果、ターゲットよりも左を向いたアドレスになり、スライスが出やすくなるわけです。

白石:右脇を締める感じですか?

内藤:その通りです。言い換えれば右肘をお腹の方に向ければ、自然に右脇が締まった状態になります。

白石:なるほど。右肘の向きに気をつければいいんですね。

内藤:そうです。右肘が体の方を向いたまま始動すれば、クラブはプレーン上を動いてくれます。この始動の動きが非常に大切で、ここでクラブがプレーンから外れてしまうと、今度は手先の動きで戻す必要があります。それでは確率の悪いスイングになってしまう。ミスが多く出るスイングになるということです。

白石:言葉だけを聞くと今日は難しいレッスンかなと思いましたが、チェックするポイントが右肘だけでいいなら、私でもできそうな感じがします。あれっ、鏡でチェックしながらだと形ができているのに、自分だけでやると、まだまだできない。内藤コーチのような格好いい形になるように頑張ります!

●正しい始動の仕方

アドレスの段階で右肘が体の方を向くように構えるのがポイント。構えが間違っているとスムーズな始動はできない。

ビギナーにありがちなのが右肘が外を向くこと。ボールに当てる意識が強かったり、右手で強く叩く意識があると肘は外を向きやすくなる。

右手1本でクラブを上げると余計な力を入れられないので、適正な位置にクラブが上がってくれる。

力を入れるとクラブの挙動はバラバラになりやすい。理想的な動きをするには、正しい構えと余計な力みを取る必要がある。

初心者はふつうにスイングして感覚をつかむのは難しいもの。まずは直立した状態で胸の前でクラブを持ち横に回転。立った状態で胸を回す感覚を覚えよう。

直立した状態で感覚をつかんだら、次は前傾角度を作って肩の回転を実践してみよう。前傾して回転するところに、ゴルフのスイングの難しさがある。

(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。昨年念願だったグラビアデビューを果たし、2016年1月発売の週刊プレイボーイ6号で披露したパーフェクトボディが注目を集める。学生時代はバスケットボールをしていたというスポーツウーマンで、普通免許のほかに大型自動二輪免許も持っている。華奢な見た目からは想像がつかないアクティブな一面を持つ彼女だが、ゴルフはクラブを触ったことがある程度という全くの初心者。「ゴルフはやってみたいと前々から思っていました。今回の企画を通して、コースデビューすることが楽しみです」。身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型

出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato