『キカタン日記 無名の大部屋女優からAV女王に駆け上った内気な女の子のリアルストーリー』

写真拡大

 5月1日から20日にかけて浅草のロック座で引退公演を行い、それをもって表舞台から退くと発表されている人気AV女優の上原亜衣。キャリア通じての出演本数は800本を越え、どんな役でもこなしてきた彼女だったが、そんななかでも定評があったのが「痴女」の役である。

 だが、実は彼女、デビュー当初は痴女の演技が苦手だったらしく、最近出版された彼女のフォトエッセイ集『キカタン日記 無名の大部屋女優からAV女王に駆け上った内気な女の子のリアルストーリー』(双葉社)には、こんなエピソードが綴られている。

〈私は当初、"痴女もの"が苦手でした。何が難しいって、特に"淫語"ですね。痴女にとって、イヤラしい言葉は必須で、
「こんなにオチ○チン硬くさせて〜。先っぽから我慢汁いっぱい出ちゃってるよ!?」
 といったお姉さん系の囁きもあれば、
「おら! イケ! 出せよ、くっせえザーメン」
 と、ヤンキー口調で罵るものも。さらに、ブリっ子口調やら、自分のアソコがどうなっているのかを実況中継するものやら......何種類もあるんです。
 こうした淫語は、ほとんどがAV女優のアドリブ。台本には、そこまで詳しく書かれていないんです。だから、まずは淫らなボキャブラリーを増やすため、またレンタルビデオ店へ走って、その手の作品を20本以上レンタルしました。そして他の女優さんが使っている淫語を、ひと言も漏らさずノートにメモ。そのあとは、ノートを手に鏡の前で練習です(笑)。
 笑い話ですが、当時、私が住んでいたマンションの下の階にいらっしゃった年配の女性の大家さんから、
「大丈夫? お仕事でストレス溜まっているんじゃないの?」
 と言われたこともありましたね。毎晩のように、私の部屋から、
「恥ずかしくないの!? こんなになって!」
「早くイケよ! この野郎!」
 なんて言葉が聞こえてくるから、心配されたんでしょう〉

 彼女は体験を通じて「淫語」というものが「痴女」の演技においていかに大事なのかを説明しているわけだが、アダルトメディアを中心に20年以上執筆活動を続けているライターの安田理央氏も『痴女の誕生』(太田出版)で、〈最も大事な能力は、淫語力〉と綴り、痴女演技においていかに「言葉」が大事かを強調している。そしてさらにそのなかで、この「淫語」の魔力をAV界に持ち込んだのは、池袋のとある性感マッサージ店の従業員たちであったという驚きの過去を明かしている。

『痴女の誕生』のなかで安田氏はまず、現在痴女プレイとして一般的に認知されている型を一気に広げたのは、1991年に発売された代々木忠監督『性感Xテクニック』に出演した南智子であったと語る。

「ほら、こんなにビンビンになってるよ、乳首、ねぇ、ここ、みんなに見せちゃおうよ」。『性感Xテクニック』では、発表から25年近くの時が経ったいまでも十分通用するような淫語を使った痴女演技が展開されており、現在ジャンル化されている「痴女」はもうこの時点で完成されていたと言える。

 そんな南智子の演技だが、これは彼女ひとりが独力で完成させたものではない。安田氏は当時を振り返る証言から、このプレイスタイルが彼女の勤めていた性感マッサージ店「乱コーポレーション」の従業員たちによって磨き上げられていたものであることを突き止める。余談だが、その「乱コーポレーション」には、南智子にハマった浅草キッドの水道橋博士も訪れたことがあるという。

 南智子と同じ「乱コーポレーション」出身で、彼女とともに黎明期の痴女系AV界で活躍した女優のひとり、三代目葵マリーは『痴女の誕生』のなかで、店のスタッフ全員でその「淫語力」を磨き上げていった経緯を明かしている。

「講習は、ひと通り先輩のプレイを見せられて、そのままパクりなさいって言われましたね。あの店は、個室の壁も薄くて隣の部屋のプレイが丸聞こえなんですよ。それで他の子の言葉なんかをどんどん取り入れるんです。あとで控え室で『あの言葉いいねー』みたいな話してましたね。乱の言葉責めっていうのは、そうやってみんなで少しずつ作り上げていったんですよ、あの頃はみんな向上心があって、どんどんいいプレイをしようって、みんな思ってましたね」

「乱コーポレーション」がつくりあげた淫語プレイに魅せられたのは代々木忠監督だけではない。95年から20年近く大ヒットシリーズ『私は痴女』をつくり続け、「痴女」ジャンルをAV界に根付かせた第一人者であるゴールドマン監督は前掲書のなかでこのように答えている。

「性感の女の子たちのプレイがすごく面白くて、じゃあ、これを独立させて作品にしてみようというのが『私は痴女』なわけなんだけど、最初はどうやっていいのか全然わからなくて手探りでしたね。無名の企画女優を使うんですけど、それまでそんな演技をしたことないから、どんな態度でどんな言葉を言えばいいのか全然わからない。だから結局、性感マッサージ店の女の子に出てもらったりしてたんですよ。で、AV女優の子にも、そのプレイを参考にしてもらったりして」

 ゴールドマン監督の痴女系作品には前述の三代目葵マリーも出演しているのだが、彼の証言からも痴女ものAVを撮るにあたって「どんな態度でどんな言葉を言えばいいのか」を重要視していたことが分かる。また、それにあたって参考となるひな形となったのは、またしても「乱コーポレーション」を源流とする風俗の女性たちのプレイであった。

 こうして確立された淫語を重視する痴女像は後進の監督たちにも受け継がれていく。痴女もので高い評価を受ける二村ヒトシ監督も、その淫語の重要性を認識していたひとり。その一例として安田氏は、2000年に刊行されたムック本に掲載された二村監督の撮影現場レポートにあるこんな一文を引いている。

〈二村監督は非常にセリフにこだわりを持っており、脚本も本人が書いている。今回それが十分に発揮され、美人の単体女優が強烈な淫語を口にする展開に、取材しつつ私も興奮を覚えた〉(『いやらしい2号 第2巻』/データハウス)

 こうした過程を経て、現在では、単体のどんなアイドル系AV女優であろうと必ず企画に組み込まれるほど定番化した「痴女」ジャンルだが、本稿冒頭の上原亜衣のエピソードからも分かる通り、これを自然に演じるのには相当なスキルを要する。安田氏は前掲書でこのように綴っている。

〈痴女プレイの撮影では、淫語は監督から「こういう風に言って下さい」などと指示があることが多いが、それを淀みなく口にするのは難しい。さらに単に暗記していればいいわけではなく、状況によって的確な淫語を話すには、頭の回転が速いことが要求される。そして淫語の中身は女優におまかせの場合も珍しくなく、ボキャブラリーが豊富でなければ、痴女はこなせない。
 痴女を演じるには才能が必要なのだ。痴女役に挑戦したものの、うまくできずに現場で泣いてしまったという女優の話もよく聞く。筆者がインタビューしたある女優は「痴女をやるくらいなら、ハードレイプやSMの方がずっと楽」と言っていた〉

 前述したように、「痴女」というジャンルを生み出したのは、池袋にある性感マッサージ店の女性たちだったわけだが、実はいま、再び女性によって「痴女」というジャンルが刷新されようとしている。その旗手がSODクリエイトの社員監督である山本わかめだ。彼女の監督した『SOD女性監督・山本わかめ式「射精コントロール」勃起した男子は"射精の快楽"を味わうためなら、女子の言いなりになってしまうのか?』では、その長いタイトルが表している通り、男性を内面から侮辱するような言葉選びであったりと、新たな「淫語」の可能性を追求する動きを見せ、賛否両論の議論を巻き起こしている。女性によって生み出された「痴女の言葉学」は、今後これまた女性によって新たな可能性が探られていくのかもしれない。
(田中 教)