15日、中国北京市の保健当局は、南米ベネズエラから帰国した女性がジカ熱に感染していたと発表した。写真は蚊。

写真拡大

2016年5月15日、中国北京市の保健当局は、南米ベネズエラから帰国した女性がジカ熱に感染していたと発表した。新華社が伝えた。

蚊が媒介するジカ熱に感染していたのは、山東省煙台市の29歳の女性。女性は今年4月にベネズエラに渡航し、今月13日に帰国した。同11日ごろから発熱があり発疹も見られた。帰国時に空港の検疫で感染の疑いが指摘され係員と病院へ向かいそのまま入院。状態は安定している。

北京でジカ熱の患者が報告されたのは初めて。(翻訳・編集/柳川)