スマホの通知は「ADHDに似た症状」を引き起こす:研究結果

写真拡大

携帯電話の通知が「注意欠陥・多動性障害(ADHD)に似た症状」を引き起こすという研究結果が発表された。既存研究でも、「不注意による一時的な聴覚障害」などが指摘されている。

「スマホの通知は「ADHDに似た症状」を引き起こす:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

スマートフォンを手放せないミレニアル世代は、注意不足だったりそわそわしていると見なされることが多い。偏見のようにも思えるが、ヴァージニア大学の研究によると、実はこうした見方は完全に誤ったものではないかもしれない。この研究によると、スマートフォンの通知が、一般のユーザーに対して、「注意欠陥・多動性障害(ADHD)に似た症状」を引き起こしているというのだ。

カリフォルニア州で開催された「ヒューマン・コンピューター・インタラクション」会議で発表されたこの研究では、大学生221人の2週間にわたるスマートフォンの利用状況を調べた。

その結果、例えばベル音やヴァイブレーションによる通知機能をオンにしていると、そうでない時よりも「不注意と多動の症状が多い」と学生たちは回答した。

スマートフォンをサイレントモードにしていない学生は、これまでにそう診断されたことがなくても、ADHDとよく似た症状を多く体験した。具体的には、「注意散漫、集中するのが難しい、じっとしているのが困難で落ち着きがない」などの症状だ。

RELATED

ただし、論文の主執筆者であるコスタディン・クシュレヴは、こうした現象は実際のADHDではない、と強調している。ADHDは症状の単なる集まりではなく神経発達障害であり、こうした障害には生物学的な要因があるというのだ。

「今回の研究結果は、絶え間ないデジタルの刺激が、現代社会で問題になっている注意欠陥の増加に影響している可能性があることを示唆しているにすぎません」と、クシュレヴ氏は述べている。

なお、2015年には、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究者が、スマートフォンは「不注意による聴覚障害」を引き起こす可能性があることを発見した。「不注意による聴覚障害」とは、スマートフォンに集中しすぎて周囲への関心が薄れ、「一時的に耳が聞こえなくなる」状態を指す。

中国の重慶市にある中国人民解放軍第三軍医大学が2014年に行った研究でも、携帯電話の使用と不注意の強い関連性が明らかになっている。