ベシクタシュが7シーズンぶりのリーグ制覇! 通算14度目の優勝《トルコ・スーパーリーグ》

写真拡大

▽トルコ・スーパーリーグ(トルコ1部)の第33節が15日に行われ、ベシクタシュが14度目のリーグ制覇を達成した。

▽首位に立つベシクタシュは勝ち点76を稼ぎ、2位のフェネルバフチェとの勝ち点差6の状況でオスマンルシュポル戦を迎えた。

▽勝てばリーグ優勝が決定するベシクタシュは、21分に幸先良く先制する。左CKを獲得すると、ゴール前に上がったクロスをマルセロがヘッド。これがゴール左隅に決まり、ベシクタシュが先制する。

▽さらに24分にはシュートの跳ね返りを、再びマルセロが蹴り込み追加点。さらに48分には、得点ランキングでトップに立つマリオ・ゴメスがボックス内からシュートを沈め、リードを3点とする。その後74分に1点を返されるも逃げ切ったベシクタシュが3-1で勝利。この結果、最終節を残して2008-09シーズン以来となるリーグ優勝を決めた。

▽また、フェネルバフチェの2位も確定し、来シーズンのチャンピオンズリーグは予選3回戦から出場。3位のコンヤシュポルがヨーロッパリーグの予選3回戦から、4位のイスタンブル・バシャクシェヒルが予選2回戦から出場する。