『ドラえもん』の秘密道具「たずね人ステッキ」を現代技術で再現

写真拡大

アニメや漫画でお馴染みの藤子・F・不二雄さんによる『ドラえもん』。その作中、ドラえもんのひみつ道具の一つとして登場する「たずね人ステッキ」を傘で再現してみた動画が、動画投稿サービスniconicoに投稿されています。

【関連:こんなんドラえもんじゃない!木魚にドラえもんカラーをペイントした『木魚えもん』が怖い……】

「たずね人ステッキ」は目的の方向に倒れて、道案内をしてくれる秘密道具。それをどうやって再現したかというと、作者のカサネタリウムさんの説明によると、GPSセンサーと地磁気センサーを使って現在地と目的地を計算して、行き先の方向へと傘を倒してくれるとのこと。

GPSセンサーと地磁気センサーを使って
行き先の方向へと傘を倒してくれる

動画コメントにも「ロマンの塊」「これで宝探しゲームしてみたい!!」「面白いwwwww発想が素敵」といった声が寄せられていました。

あくまで実験作品なので、ドラえもん作中よりも各パーツは大ぶりですが、現在の技術でドラえもんの秘密道具が再現できると思うと一歩ドラえもんの世界に近づけた気がして、ちょっと嬉しさを感じます。これからもっと改良して、作品世界にさらに近づけること、つい期待しちゃいますよね。

(文:はな)