ポラロイドの「復活」:現代のインスタントカメラ「I-1」発売

写真拡大

スマートフォンで写真を撮るのがあたりまえになっても、インスタントカメラへの郷愁が失われることはない。現代のポラロイドカメラ「I-1」が、ポラロイドの正当なる継承者というべきインポッシブル・プロジェクトからリリースされた。

SLIDE SHOW 「ポラロイドの「復活」:現代のインスタントカメラ「I-1」発売」の写真・リンク付きの記事はこちら
160516i1_02

2/5PHOTOGRAPH COURTESY OF IMPOSSIBLE PROJECT

160516i1_03

3/5PHOTOGRAPH COURTESY OF IMPOSSIBLE PROJECT

160516i1_04

4/5PHOTOGRAPH COURTESY OF IMPOSSIBLE PROJECT

160516i1_05

5/5PHOTOGRAPH COURTESY OF IMPOSSIBLE PROJECT

Prev Next

いま「インスタントフィルム」ならびに「インスタントカメラ」をつくっているのは、Impossible Project(インポッシブル・プロジェクト)という名の会社だ。「われわれはポラロイドじゃないという認識も、ほとんどされていないようです」とオスカー・スモロコウスキは言う。

彼らの新モデル「I-1」は、1948年発売の画期的なポラロイド・ランドカメラの現代版のような外観をしている。しかし、インポッシブル・プロジェクトはポラロイドとは完全に別物だ。「ポラロイド2.0」とでも言えばいいだろうか、そこにある昔ながらの職人魂は健在だが、生み出した成果はまったく新しいものだった。

I-1は、見た目こそ昔のポラロイドカメラに似ているが、進化を遂げている。このカメラは(スマートフォンと比べると)図体はデカいし、写真の仕上がりにもちょっと不安が残る(そこが魅力でもあるのだが)。しかし、300ドルの値段相応の新機能が盛り込まれている。

160516i1_02

いまや誰もが、ポケットに高性能のカメラを入れて持ち歩いている。しかし、インスタントカメラの需要は落ちていない。

ポラロイドがインスタントカメラ用フィルムの製造を2008年に終了したとき、インポッシブル・プロジェクトは工場のリースを受け、インスタントフィルム復活への長い道のりをスタートした。

しかし、彼らの目的はカメラをつくることにあった。「最初のころから、カメラをつくらなきゃいけないのがわかっていました。しかし、まずはコンセプトの正しさを証明する必要があったのです。まずは、皆にこのフィルムを欲しいと思ってもらわなければならなかった」と、26歳のCEO、スモロコウスキは言う。

一般的に、フィルムとは厳重に管理されたなかで処理されるものだ。が、インスタントフィルムは「インスタントに」出来上がってしまう。つまり、カメラから吐き出されたあとで、フィルム内部で化学反応が起きければならない。スモロコウスキいわく、「およそこの世で起きる人工的な化学反応のなかで、最も複雑なもの」なのだ。

160516i1_05

同様にインスタントカメラ自体もきわめて繊細な装置で、その外観は機能を反映したものとなる。ポラロイドカメラのデザインは、そのまま「インスタントカメラならではのデザイン」になるのだ。I-1の設計を担当したスウェーデンのTeenage Engineeringスタジオの創業者、イエスパー・コーフーも、「ありのままの姿を形にしただけ」だと言う。

インスタントカメラについて、簡単に説明しておこう。光が広角レンズを通過すると45度のアングルのミラーに反射して、カメラの底にあるネガフィルムに写り込む。光は、シルヴァーブロマイドというフィルムのネガティヴ層内で化学反応を起こすが、そこで明るさと色が写真にどう表現されるかが決まる。

そしてそのタイミングで、フィルムはローラーを通してカメラの外に押し出される。ローラーからは化学物質がフィルム表面に均一に吹き付けられ、現像が始まる。現像時間は白黒写真で数分、カラー写真だと25分もかかる。「カメラ全部品の1つひとつが、半導体よりずっと複雑なのです。ローラーに至っては医療機器みたいなものです」と、コーフーは言う。

160516i1_03

内部の部品はかつてあったインスタントカメラと似通っているが、コーフーはボディーを現代的に仕上げたいと思った。

施された重要な変更の1つが、ヴューファインダーにある。従来のポラロイドカメラのほとんどには、カメラの左側に、チューブのように突き出たヴューファインダーがついていた。「これを踏襲すると、一見70年代のポラロイドカメラに見えてしまう。どうしようかと悩みました」とコーフーは語る。

ある日のこと、フリーマーケットを訪れたスモロコウスキは、ヴューファインダーが本体の上に取り付けられた古いツァイス・イコンを目にした。彼はすぐに、これこそI-1に自分が求めていた要素だと気づいた。コーフーはカメラ上部で、ボタンを押すと飛び出てくるヴューファインダーの開発を始めた。コーフーは、「自分の手で直接物理的に動作させるカメラだというコンセプトを明確にしたかった」と言う。

インポッシブル・プロジェクトの「社史」ヴィデオ。

RELATED

フラッシュもまた、かつてのものとはかなり異なっている。I-1ではLEDライトを環状に並べて使用することで、より柔らかく自然な光を出せるようになっている。コーフーによると、これは人物写真を撮るのに最適で、赤目防止にもなると言う。さらに、アプリを使うことでシャッタースピード、レンズの口径、セルフタイマーを調整できる。もちろん、このアプリで多重露光やライトペインティングのようなフィルターも使えるようになる。

「現代」のものとはいえ、インスタントカメラで写真を撮るのはある種、賭けだ。写真が出来上がるまで、どんな仕上がりになるか分からない。しかし、「わからない」ということが魅力の一部であり、スモロコウスキもコーフーも、それこそがセールスポイントだと考えている。コーフーは次のように語っている。

「世の中、デジタル機器ばかりで便利すぎる。ちょっとくらい不便になるぐらいが、実はちょうどいいと思います。きっとね」

※ 「I-1」は、日本では2016年5月13日より、オンラインにて先行予約販売が開始されている