15日、中国の新人女優リン・ユンがニューヨーク・アジア映画祭のライジング・スター賞を受賞した。写真はリン・ユン。

写真拡大

2016年5月15日、中国の新人女優リン・ユン(林允)がニューヨーク・アジア映画祭のライジング・スター賞を受賞した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

映画誌「スクリーン・インターナショナル」インターネット版に掲載されたニュースで明らかになった。今年、チャウ・シンチー(周星馳)監督の最新作「美人魚」でデビューしたばかりのリン・ユンが、来月開幕するニューヨーク・アジア映画祭でライジング・スター賞を受賞した。日本から俳優の綾野剛、フィリピンの女優テリ・マルヴァーも同時に選ばれている。

中国映画市場における過去最高のヒット作となった「美人魚」でヒロインを演じたリン・ユンは、オーディションで12万人の中から抜擢された注目の女優。「スクリーン・インターナショナル」では、「豊かなコメディーの才能を備えた女優。爆発的な表現力を持つ」と紹介している。

ライジング・スター賞は、これまで日本から二階堂ふみ、染谷将太らが受賞。中国からも演技派俳優ホアン・ボー(黄渤)らが選ばれている。(翻訳・編集/Mathilda)