「円高or円安?」の中長期レートを徹底予測
アベノミクス相場は終焉か継続か――。方向感を失ったドル円レートはこのまま円高に転換するのか、それとも円安か。4人の論客が2020年までの相場を斬る!

 為替市場が荒れている。昨年高値の125円から4月には107円まで円高が進んだ。円安継続なら格好の仕込みどきだが、円高への転換点ならいち早く売るチャンス。相場の大きな転換点にある今、資産を動かしたくなるが、長期的な見通しを誤れば大きな損失となる。

 そんな難しい局面、為替の賢人たちは相場をどう見るのか。4人の識者に、さまざまな視点から中長期的な相場観を聞いた。

◆米国が利上げに転じると円高に。下落率48%も!
円高派:1ドル=60円

【江守 哲氏】
エモリキャピタルマネジメント。住友商事では非鉄金属取引に従事。その後、ファンドマネジャーなどを経て独立。コモディティから株式、為替、債券など幅広く分析

「’16年初の120円から4月には107円まで円高が進みました。これは私が昨年末に予想したとおり。相場ではファンダメンタルズも大切ですが、それで値動きを予測するのは難しい。そこで私が大事にするのは“過去の値動き”。ファンダメンタルズを抜きにして、過去のパターンを見れば、円高局面に入ったことは明らかです。

 過去のパターンを見ると、円安相場は約3年しか続いていません。昨年12月はアベノミクスが始まってちょうど3年。さらに、そのタイミングで米国が利上げをしました。過去、米国が利上げに転じると、いずれも円高に進んでいます。市場は将来を織り込んで動くため、実際に利上げする頃には天井をつけやすいというわけです。

 では、この円高がどの水準まで進むのか。これも過去のパターンから分析できます。米ドル/円の大きな円高局面はこれまで6回ありました。その平均期間は43か月、下落率は40%。これを当てはめると’19年までに75円というターゲットが見えてきます。75円はアベノミクス円安の始点ともなったレートでもありますね。

 さらに、円高局面が長期化した場合は57か月間、48%下落というパターンもあります。下落が長引けば、’20年に60円という可能性も十分あり得るのです。」

◆米国の円安容認も限界に。少なくとも100円へ!
円高派:1ドル=100円

【西原宏一氏】
CKキャピタル。シティバンクでチーフディーラーなどを務め独立。たしかな相場観と自身の取引をタイムリーに配信するFXメルマガは圧倒的人気

「米ドル/円の値動きは結局、基軸通貨である米国の事情が強く働きます。アベノミクス円安は、そもそも米国が「日本がグローバル経済の牽引役になってほしい」と願って容認したもの。ところが円安になったものの、アベノミクスの第2の矢、第3の矢は放たれず、米国はしびれを切らしています。2月のG20では米国がドル安へと誘導させる「上海合意」があったともいわれ、もう120円台は厳しいでしょうね。

 中長期的には円高トレンドに転換したと思われ、そうなると高値から少なくとも15%下落でおよそ105円、20%の下落で100円。この辺りが現実的なターゲットとなり、オーバーシュートすれば、95円程度まで円高が進む可能性もある。

 そこから再び円安へと転じるかどうかは米国のコンセンサス次第。日本の金融政策を揶揄しているトランプ大統領が誕生すれば、円安にはとても動かないでしょうね。」

◆日本企業のM&A加速。実需を背景に円安は進む
円安派:1ドル=125円

【大倉たかし氏】
豊商事シニアFXストラテジスト。カリフォルニア州立大学卒業。バンク・オブ・アメリカやバークレイズ銀行東京支店副支店長などを経て現職。中長期の相場観に定評

「為替市場を動かすのは実需、つまりは貿易収支。日本は5年連続で貿易赤字だ。つまり、円を売って商品を買う輸入のほうが大きいのだから、実需面から今後も円安になりやすい状況にある。