トヨタ自動車が5月11日、2016年3月期の連結決算を発表しました。

1

それによると、売上高が28.4兆円(前期比+4.3%)、営業利益が2兆8,539億円(+3.8%)となり、営業利益率が10.0%、純利益が2兆3,126億円(+6.4%)の増収増益となっています。

動画を見るにはこちら

仕向け地別の営業利益内訳については、日本国内が為替変動の影響で1.7兆円(前期比+1,026億円)、北米がドル高の影響で5,056億円(-322億円)、欧州が757億円(+3億円)、アジアが現地通貨安で4,550億円(+214億円)、その他が中南米の労務費増加などで1,034億円(-60億円)となっています。

一方、2017年3月期の見通しについては売上高が26.5兆円(前期比-6.7%)、営業利益が1.7兆円(-40.4%)、営業利益率が6.4%、純利益が1.5兆円(-35.1%)と大幅な減収減益を予想。

約1.1兆円に上る減益要因の大半を占めるのが為替変動(円高)に伴う損失分(9,350億円)で、タカタ製エアバッグ リコール対策や研究開発、設備投資などの諸経費増(5,400億円)が更に上乗せされ、それを原価改善努力(3,400億円)と営業努力(1,350億円)でカバーしている構図。

自動車各社が2017年3月期の見通しに関し、為替変動の影響を加味した減益予想を立てているなか、今回の決算発表に際し、豊田章男社長は「これまでは為替の追い風を受け、実力以上に収益の拡大局面が続き、新たなことにチャレンジしやすい環境にあったが、今年に入り大きく“潮目が変わった”」としており、これまで以上に為替変動に左右されない強靭な企業基盤作りを実践していく必要があるとの考えを示しました。

加えて豊田社長は「モビリティそのものが大きな転換点に差し掛かっている」との認識のもと、今年1月に設立したTRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)が持つ人工知能技術を活かし、「クルマの枠を超えた社会に貢献できる新しい分野の製品についてもチャレンジしていく」との考えを強調しました。

Avanti Yasunori

【関連記事】

トヨタの四半期決算、営業利益が前年比5.3%減の訳は?
http://clicccar.com/2016/02/09/352923/

トヨタ、米「Scion(サイオン)」ブランドの統合を決定!
http://clicccar.com/2016/02/04/352448/

2015年世界販売トップのトヨタ、国内販売も回復基調!
http://clicccar.com/2016/02/02/351907/

トヨタ自動車がダイハツ工業の完全子会社化を正式発表!
http://clicccar.com/2016/01/30/351768/

トヨタ、2017年米国販売を過去最高の264万台で計画か?
http://clicccar.com/2016/01/22/350107/

トヨタが来年3月期に1兆円超の営業減益を予想するワケは?(http://clicccar.com/2016/05/16/372113/)