正しい座り方、してますか?

写真拡大

長時間にわたって椅子に座った姿勢を取るデスクワーカーに、肩こりや腰痛はつきもの。でも、ほんの少しの気遣いで体を守り、快適に仕事をすることができるのです。ここではデスクワーカーならぜひ実践したい、疲れを感じない【座り方】をご紹介します。

■ 【要チェック!】あなたは正しい座り方をしている?

長時間にわたって椅子に座るときは、正しい姿勢で座るのが基本です。姿勢が乱れると、体の各部位にムリな圧力がかかり、腰痛や肩こりの原因になりかねません。自分の姿勢は正しいかどうかチェックしてみましょう。

・椅子の背もたれにお尻が付いている
・脚と胴体は直角を保っている
・肘の角度も直角を保っている
・足の裏がピッタリと床に付いている

いかがですか?これらがにすべて当てはまれば椅子に座る際の正しい姿勢ができています。パソコンを使う場合は、パソコンの画面が顔(目線)と水平の位置にあるかも確認しましょう。足を組んでしまうと、体が捻じれて腰への負担が大きくなり、腰痛の原因となりますからNGです。

■ 腰痛や肩こりとサヨナラするために気を付けること4つ

長時間、椅子に座った姿勢でいると腰痛や肩こりは仕方ないと諦めていませんか?正しい姿勢で座り、ちょっと気を付けるだけで、腰痛も肩こりも軽減することができるのです。

◎ 1.アゴを出した姿勢は肩こりと眼精疲労に

座った姿勢でアゴが出てしまっていませんか?姿勢が悪く猫背になっているとき、アゴが出てしまいます。首や肩にムリな力がかかってしまうので、できるだけ真っ直ぐな姿勢をキープしましょう。

◎ 2.椅子に座ったまま移動しない

キャスター付きの椅子の場合、ついつい座ったまま離れた場所にある書類を取ったりしてしまいがちです。椅子に座ったままの移動は思いのほか腰に負担がかかるので、きちんと立ち上がって移動するように心掛けましょう。小さい運動を無駄にしてはいけません。

◎ 3.足を組むのは厳禁!

ついやってしまうのが、足を組む姿勢です。特に長時間、足を組んだ姿勢を続けると、体の片方のみに負担がかかってしまいます。腰痛の原因となるので足は組まず、つま先とかかとをきちんと床に付けて作業しましょう。

◎ 4.水分の補給も忘れずに

乾燥したオフィスでは、水分の補給を怠るとすぐに体が乾いてしまいます。血液やリンパ液の流れの悪化は肩こりの誘因です。常温の水をこまめに飲んで水分を補給しましょう。

(著:nanapiユーザー・カラダにキク「サプリ」 編集:nanapi編集部)