中国人が日本を旅行で訪れると、あちこちでも見られる「細かな気配り」に感激するようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本独特の細かな気配り」について、恐ろしくも、心温まると論じる記事を掲載した。

 記事では、日本において見られる「細かな配慮」の例として、「レストランの入り口に、障がい者のお客様用呼び出しボタンが付いている」ことや、「信号機に、歩行者用押しボタンに加え、高齢者・視覚障がい者用の押しボタンがある」ことを紹介。中国でも一部の都市では視覚障がい者用の点字ブロックが整備されているものの、点字ブロックの途中に木が植えてあったり、車が止まっていたりする。このような中国では、日本の配慮は到底考えられないような細かさと言えるだろう。

 さらに日本のスーパーでは、会計後に無料でビニール袋がもらえるうえ、袋を開けやすいように「指を濡らすためのスポンジが設置されている」こと、レシートが不要な人のための小さなゴミ箱が置いてあることなどは、ゴミのポイ捨てが当たり前のように行われる中国ではまず考え付きもしないことだろう。

 安全面でも日本は細かい配慮がされている。記事では「子ども用の傘のデザイン」に注目。一部が透明になっており、視覚を確保できて安全だと高く評価している。また、救急車の前方には意図的に「救急」の字を反転させたステッカーがあると紹介。前方の車がバックミラーから見た際にすぐに救急だと分かるようにするためだという。こうした至れり尽くせりの気配りは、まさに日本ならではと言えるだろう。

 ほかにも、女性トイレには用を足した時の音を消すための装置があることや、駅のベンチには傘を立てかけるスペースがあること、ATMには電卓が備え付けてあることなども紹介している。日本にいると当たり前のようなサービスだが、中国人にとっては「恐ろしく感じるほど」の細かな配慮のようだ。こうした「おもてなし」の心が中国にも広まることを期待したいが、それは当分無理な話かもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)