松山(右)、デイと4打差でサンデーバックナインへ(撮影:ALBA)

写真拡大

<ザ・プレーヤーズ選手権 最終日◇15日◇TPCソーグラス(7,215ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「ザ・プレーヤーズ選手権」の最終日。3日目に首位と4打差の2位タイにつけた松山英樹は首位のジェイソン・デイ(オーストラリア)と最終組でスタートした。
松山英樹のドライバーショット連続写真!インパクトの瞬間は…
  松山は出だしの1番でボギーが先行。3番パー3ではティショットをグリーン左奥のバンカーに入れると3オン2パットのダブルボギーに。6番では約2メートルを入れてバーディを奪取。結局、前半でスコアを2つ落としトータル8アンダーでサンデーバックナインのプレーに入った。
 デイも2つスコアを落としトータル12アンダー暫定首位で後半へ。松山は4打差と前半では差を縮められなかった。2打差でジャスティン・トーマス(米国)、3打差でマット・クーチャー(米国)らが追走している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>