国内外のピッツァ職人が集結!「汐留イタリア街ナポリピッツアサミット 2016」開催

写真拡大 (全3枚)

宅配などでなじみ深い日本の「ピザ」は、本場ナポリで親しまれている「ピッツァ」とは作り方も味わいも大きく違っていることを知っていた? 国内外からピッツァの職人が集まって、本格的な「ナポリピッツァ」を提供するイベントに参加すれば、見て食べて、その違いが分かるはず。

2016年5月26日(木)から29日(日)まで、「汐留西公園」では「汐留イタリア街 ナポリピッツァサミットJAPAN 2016」が開催される。

「今回は6回目の開催で、国内外から20名以上のナポリピッツァ職人が集まります。イタリア街広場に薪窯(まきがま)と、薪窯を積んだピッツァバスを設置して、焼きたてアツアツのナポリピッツァを提供しますので、この機会にぜひ本場の味をお楽しみください」と、主催する「NPO法人コムーネ汐留」の水由さん。

会場では、ナポリピッツァの実演販売のほかに、「汐留イタリア街」の飲食店を中心とした特設ブースなども登場するので、ピッツァ以外のイタリアンメニューも堪能できる。

特に、イタリアワインやエスプレッソなどを提供する「イタリアンバール」は、前回より品揃えを増やしてパワーアップするそう。ピッツァと一緒に、イタリアらしいドリンクも味わって。

今回提供されるナポリピッツァは9種類。例えばプレーンな「マルゲリータ」(1000円)は、トマトの赤とモッツァレラチーズの白、バジルの緑でイタリア国旗そのものを表現しているそう。

トマトソースを使わない、ドライトマトをのせた「ビアンカ」や、いろいろな具材をミックスしてトッピングを楽しむ「カプリチョーザ」などは1200円。

「1皿の直径は25cm以上ありますが、女性でもぺろりと召し上がれますよ」(同)

もともと、ナポリピッツァは1人で1枚を食べきるのが基本なのだとか。日本で一般的な小皿に取り分けてシェアする方法は、イタリアでは「あり得ない」という。


期間中は、音楽ライブやピッツァの生地を高く上げてのばす「フライングピッツァ」の実演など、いろいろなステージコンテンツが盛りだくさん。すべて無料で、ピッツァ片手に気軽に楽しめる。

ナポリピッツァについてより深く知りたい女子は、「ピッツェリア パルテノペ」総料理長の渡辺陽一シェフによるミニ・セミナーもおすすめ。厳しく定められた“本物のナポリピッツァの条件”や、“正しいピッツァの食べ方”など、ピッツァ好きなら知っておきたい話が聞けるという。ステージでの開催時間はHPで確認を。

このほか、汐留西公園・芝公園・イタリア公園の3ヵ所で開催される「スタンプラリー」では、すべてのスタンプを集めると素敵な特典があるそう。

国内外から集まったピッツァ職人による、おいしいサミット。おしゃれなイタリア街のロケーションを眺めながら、本場のナポリピッツァを楽しんで。