理想のポイントは「2.5僉廖shutterstock.com)

写真拡大

 映画やTVドラマの濡れ場シーンでは、ほとんどの場合、つつがなくことが進んで男女ともに絶頂を迎える。

 が、現実は双方が同じように"達する"のは容易ではない。特に女性の場合、体の構造の違いで「オーガズム」に達しにくい人がいるという、新たな知見で示された。

 もちろん、官能度には個人差はあろう。だが、最大の問題は、単純な生体構造上の解剖学的な違いにあるようだ。

 それを裏付ける検証を、米インディアナ大学医学大学院のLeslie Hoffman氏が実施。注目の報告は、『Clinical Anatomy』(4月4日付・オンライン版)に掲載されて話題を呼んでいる。

 その驚きの報告によると、女性が性交時にオーガズムを得られるかどうかは、胎児期に育まれる身体の発達具合に左右されるというのだ。

陰核"高め"は摩擦を求める

 胎児の陰核(clitoris: クリトリス)は、母親の胎内にいるときに、徐々に膣口から離れて上のほうへと移動していく。

 今回の知見を論評した米国産婦人科学会(ACOG)のMaureen Whelihan氏は、こうコメントしている。

 「胎児期にクリトリスの位置が"高くなりすぎた"女性の場合は、通常の性交行為でオーガズムに達するのが難しいでしょう」

 もちろん、女性が絶頂に至るには、男性のペニスのサイズや技量、性欲求の濃淡や場の雰囲気が影響する。

 それに加えて「この身体構造における(膣口と尿道口の)距離が強い予測因子となるようだ」と、米インディアナ大学キンゼイ研究所のElisabeth Lloyd氏も認めている(=同氏は今回の研究に関与していない)。

 Lloyd氏によれば、「母親の胎内で多量の男性ホルモンに曝露するほど、陰核の移動距離は大きくなる」という事実も判明している。

 そして、Hoffman氏はより具体的に、"陰核と尿道口の距離が「2.5僉"であることが重要であると報告。

 この距離を基準にすると、ペニスの挿入だけでは、「3儖幣紂廚僚性はオーガズムを得るのが「難しい可能性が高い」と結論している。
女性の9割が「絶頂は女性上位で」と証言

 Whelihan氏の診察を受けた女性陣の例でも、10人中9人の割合で過去にオーガズム経験をもつが、その大半がクリトリスを直接刺激する必要があったことを明かしている。
 
 また、70~90%の女性層が、挿入行為だけでは絶頂に達することが不可で、膣による絶頂経験を持つ女性の9割が「女性上位」の体位効果を証言している。

 一方、サザンオールスターズの歌にも登場した女性の尿道海綿体、「Gスポット(Gräfenberg spot:G-spot)」については、専門家の大方がその存在自体を認めていないようだ。

 Whelihan氏も「もし存在するとしても、それはごく少数の女性のみだと考えている」と語り、女性のオーガズムを望むカップルには、陰核への摩擦を得られる女性上位を推奨する。

" 裏ワザ"女医がED治療薬を服用

 ほかにも、女性が意外な方法で絶頂を迎えるための方法がある。

 『週刊現代』(5月21日号)で、性科学者で婦人科医の宋美玄氏が、ED治療薬「シアリス」の効用を自らの体験から告白している。

 「その時は今まで体験したことがないくらい、ものすごく感じちゃいましたね。パートナーと一緒にとても楽しいセックスができ、女としての悦びを再認識することができました」

 しかし本来、シアリスは男性の勃起力を改善するためのED治療薬で、宋氏も女性への媚薬効果を推奨して処方するわけではないという。

 「濡れない」「痛い」「感じにくい」などの更年期障害に伴う訴求者(=女性ホルモンの投与後も改善されないとか)への「奥の手」として、シアリスを勧めていると語っている。

 前出・キンゼイ研究所のLloyd氏もこう助言する。

 「健康的で快適な性生活とは何か? そこに必ずしも女性のオーガズムが必要不可欠なわけでもありません」

 そう、人生はときに映画のごとく展開するが、なにもAVクラスの快楽絵図に劣等感をおぼえる必要もないのだ。
(文=編集部)