イイ男を魅了する!強くて可愛い女の子が持つ5つの魅力(photo by Maksim Šmeljov/Fotlia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】モテる女の子、と聞いた時、どんな子をイメージしますか?分かりやすく可愛いアイドル女子?それともアニメに出てきそうな萌え系女子?…それももちろん可愛いし、男子にウケるけれど、可愛いだけでは素敵な男子は落とせません。イイ男にヒットする可愛いのにスパイスの効いた、芯のある女子を目指してみませんか?

【他の記事を見る】男性に聞いた「イイ女の条件」ベスト5

♥嫌なことは必ず「NO!」


面倒な頼まれごとをされた時や、理不尽なことを言われた時、行きたくない場所に誘われた時など。

協調性が美徳とされる日本に生まれた私たちは、「うん、いいよ」「私は大丈夫だよ」と、つい笑顔で我慢しがちですよね。

特に好きな男の子の前だと、「いい子でいなきゃ!」なんて、イエスマンならぬイエスガールになりがち。

でも、実は「NO!」が言える女の子の方が、ずっと男性に大事にされるんです。

イエスばかりの女の子を前にすると、男の人は「俺の意見、何でも聞いてくれるんだ」と、あなたの心なんて察してくれなくなりますよ。

嫌なものは嫌!と主張してこそ、彼はあなたのために「じゃあこれはどう?これは好き?こんなのは?」と、あの手この手で尽くしたくなるのです。

♥自分の世界を大切にする


彼に呼ばれれば、即会いに行っちゃう!LINEは5分以内に既読して返します!なんて子は要注意です。

「へぇ、いつでも俺の都合に合わせてくれるんだ」と、彼の目に映り、都合のいい女まっしぐら…。

彼から連絡が来ても、やりたいことがある時は自分の世界を大事にしましょう。

趣味や目標に打ち込む姿は「一人の女性として、魅力的だなぁ」と感じてくれること間違いなしですよ。

♥媚びない服を着る


「モテたいから、脚をばーんと出しちゃう!」「女の子らしく、胸元を出しちゃおう」、こんな風お洋服選びの焦点を、モテることに当てすぎていませんか?

胸元や脚の露出のしすぎは、無駄モテの要因のひとつ。

あなたの内面にあふれるはずの魅力を見てもらえず、下心で寄ってくる男性が増えてしまいますよ。

本当の魅力を見てほしい時こそ、露出は控えめにしましょう。

足首やウエストなど、身体のラインで魅せると、いやらしくなく、かつセクシーに映りますよ。

♥ナチュラル派もしっかり派もメイクの要は赤リップ


グロスをたっぷり乗せた唇は、どうしても「男を誘ってるのか?」と、いやらしく見られがち。

マットな赤いリップは、安い男を寄せ付けない気高さを醸し出せますよ。

ピンクなどと異なり、はっきりと主張する色なので、強さを秘めた女性になれる一本です。

♥女の子らしさは、ケアで表れる


強さだけでは、男の人は近寄ってこれません。

やっぱり要は、柔らかく優しい可愛らしさ。

これがあるからこそ、女性の芯の強さが光るんです。

子供のような可愛らしさと違う、大人だからこその上質な可愛らしさを出す鍵は、「髪」と「肌」と「爪」。

キューティクル光るサラサラの髪や、ファンデがなくてもつるんと透き通る肌、手入れの行き届いた綺麗なネイルは、女性の特権です。

「こんなに強いのに、ちゃんと女性らしく細部までお手入れしてるんだ…」と、その強さと女の子らしさのギャップに、男性はクラッときてしまいますよ。

いかがでしたか?

可愛いだけでもなく、強いだけでもない、両方兼ね備えた女子のモテバランス。

難しいー!なんて身構える必要は一切ナシです。

強さと可愛さの配分は、あなたが得意な方を多めにしてOK。

足りない方を、楽しみながらスパイス感覚で取り入れてみましょう。

「この子、一筋縄ではいかないぞ?なんだか俺燃えてきた!」なんて、男性を虜にしてしまうこと、間違いなしですよ。(modelpress編集部)