14日、中国西蔵網は記事「ダライ・ラマ、“チベット問題解決は欧州連合(EU)をモデルに”と日本で発言」を掲載した。チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は滞在先の大阪でチベット問題について発言した。写真はラサ。

写真拡大

2016年5月14日、中国西蔵網は記事「ダライ・ラマ、“チベット問題解決は欧州連合(EU)をモデルに”と日本で発言」を掲載した。

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は、滞在先の大阪でチベット問題について発言し、唯一の解決策は中国と互恵的な連盟関係を結ぶことであり、EUがモデルになると主張した。

官製メディアである中国西蔵網は、ダライ・ラマ14世の発言について、「チベットは古来中国の一部である」という基本的事実を無視した妄言であり、国家分裂を図っていると強く批判した。(翻訳・編集/増田聡太郎)