海岸巡防署提供

写真拡大

(桃園 15日 中央社)海岸巡防署(海巡署、海上保安庁に相当)は13日、高雄市内のホテルで大量のヘロインを所持していたとして男(59)を逮捕した。総重量45.6キロ、末端価格約3億台湾元(約10億円)分のヘロインが押収された。

関係者によると、今回押収されたヘロインの量は海巡署成立以降で最多。456万回分の使用量に匹敵するという。同署北部地区巡防局はおよそ2年前からこの男を監視しており、13日には南部で薬物を受け取るとの情報をつかんだことから、検察や警察などが動向を注視していた。

(卞金峰/編集:齊藤啓介)