優勝を決めてガッツポーズ!申ジエが今季初優勝(撮影:ALBA)

写真拡大

<ほけんの窓口レディース 最終日◇15日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,323ヤード ・パー72)>
 イ・ボミ、キム・ハヌル、申ジエの1988年生まれ韓国同級生による最終組対決となった「ほけんの窓口レディース」最終日。中学生のころからの知り合いという三つ巴の戦いをジエが制し、ボミ(韓国)の大会3連覇の夢を阻んだ。

 トップのボミに2打差をつけられてのスタートとなったが、1番で残り125ヤードを30cmにつけて“おはようバーディ”。ボギーを叩いたボミに即座に並ぶと、その後も順調にスコアを伸ばし、9番でダボを叩いたハヌルをかわして首位で折り返す。
 トップで迎えた後半も「相手はすごい選手。最後まで気を抜けない」と緊張感を維持。調子の良いショットを武器にバーディを3つ奪い、後続の2人に並ばれること無くサンデーバックナインを駆け抜けた。
 ボミの3連覇という偉業達成を阻止したが、「彼女もこの3日間素晴らしいプレーでしたが、やっぱりプレッシャーがあったと思う」と同組で戦って改めて今回の偉業の難しさを感じた。そして、次にその重圧を受けるのは、「ニチレイレディス(6月17日〜19日)」で3連覇に挑む申ジエ自身だ。
 「きっとプレッシャーは私にもあると思います。でも、ニチレイレディスには良い思い出がたくさんある。良いプレーをしてきたという自信を持って、頑張って重圧を乗り越えたいと思います」。
 同じ週の韓国のビッグトーナメントから出場のオファーを受けたが辞退を表明。今年の目標の1つである3連覇へ改めて覚悟を決めた。袖ヶ浦カンツリークラブは4年ぶりの日本ツアー優勝やアメリカ時代から共に戦ったキャディ、フロリアン・ロドリゲスさんと最後に闘った忘れられない場所。同級生が達成できなかった偉業達成へ、ここからさらに調子を上げていく。
 なお、次に3連覇に挑戦するのは今年「ダイキンオーキッドレディス」を連覇したテレサ・ルー(台湾)となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>