三戸なつめさんの新曲は「血ぃ吸うたろか?」の振り付けが特徴だ

写真拡大

かゆみ止めの「ムヒ」で知られる池田模範堂が2016年5月15日、キャンペーン発表会を都内で開いた。

発表会では、歌手の三戸なつめさん(26)がキャンペーンとコラボした新曲「おでかけサマー」を初披露。蚊をイメージしたギャグ「血ぃ吸うたろか?」の動作を振り付けに取り入れたのが特徴で、発表会には「本家」間寛平さん(66)も登場した。三戸さんの動きが小さすぎると指摘、「これぐらいまで行ってほしい」などと実演しながら「熱血指導」していた。

振り付けも「血ぃ吸うたろか?」に近い動作

2人がPRしているのは、携帯用の「ポケムヒS」と、容器にハローキティをデザインした「ポケムヒS ハローキティ」。新曲は、Perfumeなどを手がける人気プロデューサーの中田ヤスタカさんがキャンペーンのために書き下ろした。歌詞には「おでかけサマーもスキとYOU!」というフレーズがあり、実際に聞くと後半部分が「モスキート」(蚊)に聞こえる仕組み。振り付けも「血ぃ吸うたろか?」に近い動作だ。

ただ、間さんによると、三戸さんの動作は蚊ではなく「毒ケムシ」。身振りを大きく「これぐらいまで行ってほしい」などと実演すると、三戸さんは「これ、ちょっとやります」と直後に控えたライブでの「改良」を誓っていた。

間さんの指導はさらに続き、イベント終盤には商品を拡大した模型に2人で「かいーのー」とお尻を擦りつけるコミカルな動作で報道陣の笑いを誘っていた。

キャンペーンは2段階に分かれて行われ、6月30日締め切りの第1弾では、三戸さんやハローキティと東京湾をめぐる屋形船ツアーや、オリジナル立体スマホケースが当たる。