最近の「サイバーナビ」のAV機能といえば、「ミュージッククルーズチャンネル」が思い浮かびます。

1

2015年5月には、きゃりーぱみゅぱみゅをゲストに迎えた「サイバーナビ」の発表会がありましたが、最新の「サイバーナビ」も、きゃりーぱみゅぱみゅやPerfumeへの楽曲プロデュース、映画音楽を手掛けるなど、グローバルに活躍する音楽プロデューサー 中田ヤスタカ氏(CAPSULE)が、各種効果音(下の写真)などの制作を担当しています。

気になるAV面の性能、機能強化ですが、「カロッツェリアx」から受け継がれた原音再生のノウハウを投入。オーディオ基盤とカーナビ基盤を独立構成にしてノイズを徹底排除するとともに、基板上の信号伝送・電源供給パターンを最適化した高音質設計が採用されています。

また、パイオニア独自の「高性能48 bitデュアルコアDSP」など厳選された高音質オーディオパーツが使われています。

機能面では自然な音のつながりを実現するスピーカー調整用の「ネットワークモード」、レコチョクとの提携により生まれた音楽ストリーミング機能「ミュージッククルーズチャンネル」に、日時や目的地、自車位置などのドライブ状況に合ったチャンネルをレコメンドする「ライブレコメンド」、スマホ内の楽曲も再生できる「MCCライブラリーモード」などの新機能を追加。

ほかにも、後席用モニターに本機の画面を映し出せるほか、独立したAVソースを再生する「リアセパレートモード」にも対応。

画質面では、10V型ワイドモデルに高輝度・高コントラストで精緻な描画を実現するXGAパネル「ExcelLuminaHDパネル(エクセルルミナHDパネル)」が採用されています。

主な対応メディアは、地上デジタルTV、DVD-V、CD、Bluetooth、USB、SDなどで、MP3、WMA、ACC、AVIなどの圧縮データにも対応しています。

(文/塚田勝弘・写真/小林和久)

最新のカロッツェリア「サイバーナビ」はAV能力も大幅に向上(http://clicccar.com/2016/05/15/371417/)