14日、あるTwitterユーザーが「評価してあげてほしい」というコメントを添えて、130万ボルトの電圧スタンガンを体験する人物の動画を投稿した。

動画内では、ある男性が悲壮な顔つきで商品の説明をしたのち、火花を散らすスタンガンを太ももに当てて「グワッ!」と悶絶して、倒れこむ様子が写し出されている。

どうやら元動画は、護身用品専門店・KSPが制作してYouTubeに投稿したものらしく、この男性は店長を務める白石浩一さんのようだ。

元動画で白石さんは、倒れて画面から姿を消した約40秒後にようやく立ち上がり撮影カメラのスイッチを切っている。

このツイートは話題を呼び、15日14時の時点で3万件以上のリツイート、2万件以上の「いいね」を集めている。

ちなみに、白石さんは、その他にもYouTubeにおける自身のページで、催涙スプレーを浴びて激痛で行動不能になるなど、体を張って自店の防犯グッズの強力さを視聴者に伝えている。







【関連記事】
新入社員が1ヶ月余りで全員退職…ブラック企業の社員がTwitterで嘆き
人気蕎麦店の閉店理由が壮大だと話題に「私にとって人生の最後の挑戦」
マッチョバーの求人がTwitterで話題「昇給は筋肉量により変動」