モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(54)が、1990年に日本初のスーパーカーとして登場し、人気を集めたホンダ・NSXのいまについて解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。今から26年前、諸兄は御年いくつであっただろう。不肖私は28歳のカーマニアであった。バブル期、日本は空前のスポーツカーブームに沸いた。1990年、その真打ちとして登場したのが、日本初のスーパーカー、ホンダ・NSXだった。

 当時NSXに乗っていると、真剣にスター気分が味わえた。なにしろ道行く人がみんな振り返る。もちろん美女もNSXなら大喜びだ。温泉ドライブも一発OKだっただろう。無念である。

 いち早くNSXをゲットした私の先輩は、青山通りの信号待ちで窓をコツコツされ、バブル紳士に「このクルマ、売ってくれ!」と懇願されたという。前々号で書いたように、なにせ納車4年待ちの大スター。美女にもバブル紳士にもモテモテのNSXであった。

 ところでそのNSX、実際乗るとどうだったか?

 あくまで私の印象だが、あまり面白いクルマではなかった。スーパーカーとしては乗り味がフツーすぎ、なによりエンジンが面白味に欠けた。全体として性能はいいがそれだけで、情感に訴えてくる部分が薄かったのだ。美女で言えばマネキン系だろうか? その点、同じ時期に登場したユーノス・ロードスターや日産・スカイラインGT-Rは情感満点で、生身の美女の感覚があった。

 当時、NSXを高く評価したのは、レーサーやレーシングカーの開発者である。彼らにとっては乗り易さ(扱い易さ)こそ正義。その方が速く走れるからだ。NSXはその正義に沿った初めてのスーパーカー。当時のフェラーリやポルシェは実に乗りづらいクルマだったが、NSXの影響でクルマ作りを改めたと言われる。現在のフェラーリやポルシェがそこらの美女でも運転できるようになったのは、NSXが遠因であった。

 そのNSX、26年ぶりに新型が登場する。アメリカではすでに今年の2月から受注が開始された。日本でも夏あたりから受付が始まるようだ。

 見た目は、かなりゴテゴテしている。今度のNSXはアメリカで企画され、生産もアメリカ。もはやアメ車と言っていい。日本へは逆輸入の形になる。

 価格は、現地アメリカで15万6000ドル(約1700万円)から。初代が800万円からだったのに比べると断然高くなったが、この26年でフェラーリの価格も2倍以上になっている。アメリカではこの間に平均年収が約2倍になったので、値上げとも言い切れない。バブル崩壊以降の日本が先進国中の負け組なのを実感する。

 パワーは大幅にアップしている。初代が3リットル・V6で280馬力だったのに対して、新型は3.5リットル・V6ターボに電気モーターを3個組み合わせたハイブリッドで、最高出力は570馬力。価格も2倍、パワーも2倍だ。

 ただ、プロトタイプ(試作車)を試乗した同業者によると、今回もNSXの乗り味はマネキン的で、あまり情感に訴えてこなかったという。初代NSXは、乗り味はともかくとして、日の丸を背負ったゼロ戦の香りがしたが、今回はアメリカ製。グラマンの逆輸入だろうか。美女への効きも値段の割には期待できない。「やっぱりホンダより、フェラーリやポルシェの方がステキだわ〜」となりそうだからである。

 ならば、我らオッサンの青春の怨念がこもった初代NSXを中古でゲットする方が、人生の復讐劇としてアリではないだろうか? 価格はおよそ300万円から。その価格帯だと年式は初期型の1990〜1992年製ばかりで、走行距離も10万km前後の老兵だが、国産車だけに信頼性にはそれほど問題ないはず。四半世紀たってみて、「クルマはやっぱり信頼性だな。国産バンザイ!」とひとりごちることもできるだろう。

 ちなみに初代NSXの中古車は、走行距離が短めだとどんどん価格が跳ね上がり、硬派グレードのNSXタイプR(1992〜1996年製)は約2000万円、モデル末期の2002年に発売された「NSX-R」は、超レア物につき価格不明(数千万円?)となっている。

※週刊ポスト2016年5月6・13日号