子供の頃には休み明けの学校が楽しみな時期もあったものです。休み明けや連休明けの会社が憂鬱な大人は少なくないと思いますが、本当に布団から出られなくなるような症状はかなり危険。この時期よく聞かれる五月病、あなたは大丈夫ですか?

そもそも五月病って病気なの?

実際には五月病という病名はありません。4月に進学、クラス替え、就職、配置転換など環境が大きく変わり、新しい環境に対応できずに「気分障害」や「不安障害」などのうつ症状が起こることを五月病と呼んでいます。ちょうど5月の連休後から学校や会社を休んだり辞めたりする事例が多いため、このように呼ばれるようになったそうです。休日後に学校や会社に行きたくないことは誰にでもありますが、その症状が強くでることを月曜病・ブルーマンデー症候群といいます。五月病はこれらの仲間で一時的な症状のことも多いですが、適応障害やうつ病とも深く関わっていて、重症化すると精神疾患を引き起こす危険があります。

気分障害・不安障害ってなに?

気分障害・不安障害というと気持ち的な問題のように聞こえますがそうではありません。気分障害はうつ病や気分変調症といった精神疾患のひとつ。不眠・食欲がない・気分が酷く落ち込む・思考能力が低下する・頭痛や背面痛といった症状が長く続きます。【心の風邪】などと呼ばれて、気持ちの持ちようで治る病気だと思われたり、真面目で几帳面な人がなるという固定観念など誤解が多く、理解してもらえないのが現状です。不安障害には適応障害やパニック障害などがあり、ストレスとなる状況や出来事にはっきりとした原因があるのが特徴です。強い不安感や倦怠感、動悸、頭痛、めまい、呼吸ができなくなるといった症状が現れ、うつ病を引き起こすきっかけになることもあります。

重症化する前に治そう

月曜病や五月病も症状が出始めた時に治療ができれば、重いうつ病を長く患う危険が少なくなります。

□気分が落ち込んで憂鬱
□朝から落ち込んで起きたくない
□なぜか泣いてしまう
□食欲、性欲がない
□眠れない、またはずっと寝ている
□何事にも関心が持てず、好きなこともやりたくない
□何も考えられず、何も行動できない

こんな症状があったら、心療内科や精神科を受診しましょう。初期症状なら軽い投薬で治すことも可能です。ストレスが溜まったなと感じたら、信頼できる人に話を聞いてもらう、嫌なことを忘れて没頭できるような趣味に打ち込むなど、発散できる方法を見つけることも大切。

よく耳にする五月病ですが、軽視して放っておくと思わぬ精神疾患を引き起こす原因になることもあります。症状が悪化しないうちに対策をしましょう。


writer:しゃけごはん