12日、韓国政府は国内の小中高校が保護者の社会的地位や経済力を生徒の生活記録簿に書き込むことを禁止する。資料写真。

写真拡大

2016年5月12日、中国網によると、韓国政府は国内の小中高校が保護者の社会的地位や経済力を生徒の生活記録簿に書き込むことを禁止する。

韓国教育部が11日に発表したところによると、全国の学校に向けて上述の内容を記載した「2016年学生調書記録指南」を配布。生徒の記録簿には認められた内容以外の受賞歴や模擬試験の成績などは記載してはならず、保護者に関する社会的地位なども記載してはならないことが暗に示されている。

教育部の責任者は「確認した事案ではないが、学校内では生徒の記録簿の内容を利用するケースがあるようだ」とし、保護者に関する情報を記載することを禁じることについて認める発言をしている。(翻訳・編集/岡田)