従業員に愛されている企業はどこ? 求人サイトIndeedがランキングを発表

写真拡大

職探しをする場合の賢い方法は、自分が働きたいと思える企業を特定し、従業員たちがその企業についてどう考えているのかを調べることだ。

それには幾つかの方法が考えられる。リンクトイン(LinkedIn)でつながる、個人的なつてを頼る、企業のブログに目を通すなどの方法だ。求人サイトのレビューを読むという方法もある。

60を超える国から毎月1億8,000万のビジターが訪れる求人情報検索エンジンのIndeed.com(本社はテキサス州オースティン)は最近、どの大手企業が従業員に最も愛されているとみられるかについてのデータを公表した。Indeedの検索エンジン上に、従業員によるレビューが25件以上ある全ての大手企業について分析を行い、最もポジティブなフィードバックのある企業を調べたものだ。その上位企業がこちら。

1. セールスフォース――CRM(顧客関係管理)型クラウドコンピューティング・サービスを提供

2. サウスウエスト航空――米テキサス州に本社を置く国内線大手

3. アナダルコ・ペトロリアム――独立系石油・天然ガス大手

4. パイオニア・ナチュラル・リソーシズ――シェールガス・シェールオイルの生産および開発

5. フィリップ・モリス・インターナショナル――国際的たばこ大手

Indeed.comの上級副社長ポール・ダルシーは、同ランキングの上位に入る企業が従業員に好かれるために、どのような取り組みを行っているかについてこう語った。「正しい企業風土に重点を置く企業であればどこでも、満足度が高く忠実な従業員を持つことができるように思う。従業員にとって特別な環境をつくり、毎日仕事に来る時にやる気を起こさせる真の目的を掲げる企業だ」

1位のセールスフォースについて、ダルシーはこう分析する。「従業員のコメントを見ると、彼らはセールスフォースの勤務環境の素晴らしさを語っている。仕事は楽しいし魅力的だと。また同社は、すべての従業員に年間6日間のボランティア休暇を与え、地域社会での取り組みを重視するなどのユニークな取り組みも行っている」

さらに、上位企業は従業員のやる気を刺激し、従業員を大事にする試みで成功している傾向があるとダルシーは指摘する。テクノロジー大手のグーグル(6位)とアップル(9位)はいずれも、優れた企業風土づくりを行いつつ、従業員に”大事にされている”と感じさせ、想像性を自由に発揮できると感じさせていることで知られている。

ダルシーは言う。「企業が与えてくれる恩恵や職場の柔軟性が注目されることもあるが、組織を素晴らしい場所にする最大の決定要因は、そうしたものではないように思う。そこで働くことを楽しめること、自分に影響力があると感じられること、その影響力が企業の中だけでなく世界にも広がっていくこと――それが、職場を本当に特別な場所にするのだ」