2020年東京五輪の招致活動において、日本側が裏金を支払っていたと報じられたことについて、中国メディアの河北広播網はこのほど、「東京五輪にスキャンダルが続いている」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 2020年東京五輪の招致活動において、日本側が裏金を支払っていたと報じられたことについて、中国メディアの河北広播網はこのほど、「東京五輪にスキャンダルが続いている」と伝えた。

 記事は、国際陸連の前会長を捜査していたフランスの検察当局は、日本の銀行口座から国際陸連の前会長の息子に約130億ユーロ(約1億6100万円)の送金があったことを発見したと英メディアが報じたことを伝え、送金目的は2020年東京五輪の開催権獲得であった可能性があると伝えた。

 続けて、国際陸連の腐敗問題が五輪にまで飛び火したことは「驚愕」であると伝えたうえで、東京五輪には問題が多すぎると指摘。東京五輪をめぐってはメインスタジアムとなる新国立競技場のデザイン選考やエンブレム案の選考でも大きなトラブルが生じたことから、記事が東京五輪はスキャンダルが多いと指摘するのも無理はない状況だ。

 一方で記事は、近年は一部のスポーツ競技の連盟において腐敗が大きな問題となっていると指摘し、「腐敗臭が充満する環境下で、五輪開催をめぐって問題が生じるのも予見できたことだ」と論じた。

 さらに、日本は近年、経済が低迷し、中韓に追い上げられる状況が続いており、東京五輪を開催したいと願う動機は山ほど存在すると主張、「開催権をめぐって取引を行っても不思議ではない」などと主張。裏金に関する報道だけでなく、五輪エンブレムの選考過程で問題があったことからも分かるとおり、日本は誠実ではないと指摘し、東京五輪をめぐる問題の数々から「中国と韓国という隣国と日本が良好な関係を築けない理由が見て取れる」などと論じた。 (編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)