「15歳が発見したマヤの古代都市」に専門家たちが反論

写真拡大

カナダ、ケベック州に住む15歳の少年が、忘れ去られたマヤの都市を発見したというニュースが話題をさらっているが、複数の専門家が異議を唱えている。

「「15歳が発見したマヤの古代都市」に専門家たちが反論」の写真・リンク付きの記事はこちら

「カナダの15歳、忘れ去られたマヤの都市を発見か」。こんな見出しの魅力にはあらがうことができるだろうか。しかし、考古学の専門家によれば、5月9日に報道され、話題をさらっているこのニュースは、残念ながら出来過ぎた話だろうという。

ケベック州に住むウィリアム・ガドゥリは数年前のある会議で、マヤ文明の都市は星座と相関するという理論を発表し、コンテストに優勝した。会場にはカナダ宇宙庁のブースもあり、興味を引かれた同庁の科学者たちは、彼に協力を申し出た。

カナダの海氷と船舶を追跡していた人工衛星「RADARSAT-2」を、ガドゥリ少年が都市の存在を予測するメキシコの辺境へと方向転換したところ、驚いたことに、人工構造物と思われるものが画像に映し出されたという。

サラ・パーカックをはじめとする「宇宙考古学者」は、考古学にこのような衛星データを利用しようと試みている。もし10代の少年が忘れ去られた都市を発見したとすれば、まさに驚くべき概念実証だ。

しかし残念ながら、考古学者のイヴァン・スプラジクによれば、RADARSAT-2の画像に映っている四角いものはおそらく放棄された畑で、別の点は干からびた小さな湖かジャングルの空き地か何かだという。『Gizmodo』の更新された記事にも、同様の指摘が追記されている。

「マヤの人々は星座に従って都市を建設した」というガドゥリ少年の主張についても、複数の専門家が懐疑的な見方をしている。当時も確かに星座の概念はあったが、完全な星図が見つかっていないため、この仮説を検証するのは難しい。

天文考古学の分野を確立したアンソニー・アヴェニは「わたしが知る限り、マヤ文明の星座は、さそり座を除いて、現代の星図に載っている星座とは関連性がありません」と指摘する。奇妙にも見える都市の配置は、段々畑に沼の泥を利用したなど、別の要素によって説明できるだろう。

フロリダ自然史博物館の学芸員スーザン・ミルブラスは電子メールでの取材に次のように応えた。「古代のマヤ地域には都市がたくさんあったため、有名な考古学者エド・カージャックは、まるでオハイオ川流域のようだと語っていました。森林が伐採され、よく似た町が次々とつくられたのです。つまり、どこを探しても、遺跡が見つかる可能性が高いということです」

また、考古学者のリチャード・ハンセンは、RADARSAT-2が映し出した場所はマヤ文明の古代都市ウクスルに非常に近いと思われると指摘する。ウスクルは2009年から発掘作業が行われているため、決して「忘れ去られた都市」ではない。

カリフォルニア州立大学サンディエゴ校の考古学研究者ジェフリー・ブラズウェル率いるチームは、偶然この地域で研究を行っていたため、衛星写真に映っているものを認識できたという。ブラズウェルによれば、最初の画像はエル・シヴァロン湖のもので、その横にある2つの長方形は、植物の量からすると、おそらくは輪作のための休耕地か、大麻の畑だろうという。

2番目の画像は乾いた沼地だろうが、その南には考古学的に興味深い場所があるという。「サンフェリペは、メキシコのカンペチェ州と、グアテマラのペテンイトサ湖をつなぐ『カミーノ・レアル(スペイン語で「主要道路」)』上の重要な拠点だった」と、ブラズウェルは声明で述べている。

また、メキシコの考古学者テリ・アリアス・オーティズは、この地域を発掘中に教会を発見した可能性があると述べている。

※ 下記ギャラリーは、アーカイヴ記事「衛星がとらえたベストショット22選:高解像度の噴火、フェス、採掘場」より。

SLIDE SHOW 01-logocan_bc_rainbowrange_sep20_2014_wv2 02-logorus_prirazlomnaya_oilplatform_jun28_2014_wv2

2/22北極にあるプリラズロムノエ石油プラットフォーム(ロシアのガスプロム社が運営しているが、グリーンピースの抗議行動の対象になっている)

03-logodi__ua_kiev_protest_feb24_2014

3/22ウクライナ、キエフで行われた抗議行動。2014年2月24日撮影。

04-logochn_henan_coalpower_may29_2014_ge01_053706172010_edited

4/22河南炭鉱(中国)

05-logosinabung_volcano_jan23_2014_wv2

5/22シナブン山(インドネシアの成層火山で、2010年から現在まで、活発に噴火活動を続けている)。2014年1月23日撮影。一般投票で第5位。

06-logoag__par_itaipudam_mar12_2014_ge1

6/22イタイプダム(ブラジルとパラグアイの国境を流れるパラナ川につくられたダム)

07-logogdo__fishery_cn_wv2_18oct2014

7/22養殖(中国)。

08-logokobane_oct25_2014_wv3_rgb

8/22シリア北西部の都市アイン・アル=アラブの難民キャンプ

09-logouk_glastonbury_music_fest_jun25_2014_ge1

9/22グラストンベリー・フェスティバル(英国サマセット州ピルトンで開催される世界最大規模のロック・フェスティバル)。一般投票で第1位。

10-logokuwait_sulaibiyatiregraveyard_al-jahra_jun04_2014_wv02

10/22世界最大規模の廃タイヤ置場(クウェート、スライビヤ)

11-logous_ca_sandiego_cocosfire_may15_2014_nir_wv2

11/22ココス火災(カリフォルニア州サンディエゴで2014年5月に発生した山火事)

12-logoger_maschen_railyard_jun07_2014_wv2

12/22車両基地(ドイツ、マッシェン)

13-logoger_munich_oktoberfest_sep24_2014_wv2

13/22ミュンヘンのビールの祭典「オクトーバーフェスト」2014年9月24日撮影

14-logoirq_sinjar_sep15_2014_wv2

14/22イスラム国の攻撃により、イラク北部シンジャルの山地へ避難していたヤジディー教徒(クルド族少数派)たち。2014年9月15日撮影。

15-logokaz_offshore_aug26_2014_wv3

15/22カスピ海の海底油田採掘(カザフスタン)

16-logodi_usg__everett_wa_wv2_26jul2014_edited

16/22空港(ワシントン州エヴェレット)

17-logodi_usg__locks_netherlands_wv2_27aug2014_edited

17/22高潮からオランダのデルタ地帯を防ぐためのマエスラント可動堰(オランダ、ロッテンベルク)

18logoant_nordenskjoldbasin_mar12_14_wv2_2m

18/22ノルデンシェルド海盆(南極大陸)。一般投票で第4位。

19-logocan_diavik_mine_aug21_2014_1010010012f98800_qb_crop

19/22ダイアヴィク・ダイヤモンド鉱山(カナダ)。一般投票で第3位。

20-logochn_bayanobo_mine_aug24_2014_wv3

20/22バヤン(白雲)鉱区(中国内モンゴル自治区にある、世界最大級の希土類元素鉱床)

21-logocro_gunja_flood_may21_2014_103001003128ae00_wv2_crop1

21/22洪水(クロアチア、グニャ(Gunja))

22-logomin_cupritemine_nevada_sep19_2014_wv3

22/22さまざまなスペクトルバンドで見たネヴァダ州カップライト・ヒルズの採鉱

Prev Next